頻発していた米軍機墜落

MKU611-C10-35b.jpg

 
「此の屋敷の供養塔」に絡んで福岡市中央区で起きた大事件・事故を調べる中で、1952年9月、現在の中央区地行の住宅に米軍ジェット機が墜落し、住民2人が即死、乗員1人も死亡したという事故に行き当たった。

 供養塔がある荒戸とは少し離れた場所なので、これも無関係だとは思うが、住宅地に米軍機が墜ち、しかも死者まで出ている。福岡市での米軍機墜落事故と言えば、1968年6月2日夜に起きたファントムの九大構内墜落事故が有名だが、図書館の新聞データベースで調べたところ、1950~1960年代、福岡県内だけでも相当数の墜落事故が起き、多数の犠牲者を出していたことがわかった。

 1940年代に起きた墜落事故は検索にかからなかったが、これはなかったからではなく、GHQ占領下にあり、しかも深刻な紙不足だったという時代背景を考えれば、新聞では報道されなかっただけという可能性は高い。福岡県内で起きた米軍機墜落事故一覧を下にまとめたが、実数はさらに多いのではないだろうか。

 なお、60年代に入ってからはF100スーパーセイバーが相次ぎ事故を起こしている。1954年から運用が始まったジェット戦闘機だが、初期には事故が目立ったといい、Wikipediaによると、計889機が事故で失われ、324人のパイロットが死亡したという。巻き添えになった民間人を加えると、犠牲者数はさらに跳ね上がるはずだ。写真は1961年5月13日に撮影された福岡空港(板付基地)の写真で、国土地理院の
「地図・空中写真閲覧サービス」からお借りした。拡大するとわかるが、F100らしき機体が多数写っている(写真は横3780ピクセルまで拡大可能)。

▽1951.05.10 午前8時頃、福岡市二又瀬の醤油醸造業男性(56)方にジェット戦闘機が墜落、男性と妻(50)、三女(22)と従業員5人、隣家の長女(17)、次女(15)の計10人が即死。パイロットも死亡。墜落機の機種は不明だが、当時の米軍主力戦闘機はF86。調べた限りでは、福岡県内で起きた米軍機墜落としてはこの事故が最悪の惨事。

▽1952.07.23 芦屋町の松林に芦屋航空基地所属の双発輸送機が墜落、飲食店従業員寮が全焼し、寮内にいた女性(23)ら3人が死亡。乗員は5人全員が即死。

▽1952.09.20 午前11時40分頃、福岡市地行西町の女性(56)方にジェット機が墜落、女性と下宿人と思われる男性(20)が死亡。乗員は1人が死亡、1人がパラシュートで脱出。

▽1953.02.13 門司市の山に大分から飛来したSA16飛行艇が激突、乗員7人が死亡。

▽1955.01.31 志賀町(現在の福岡市東区志賀島)沖の海にヘリコプターが墜落、乗員1人が死亡、2人が不明(続報が見つからず2人の生死は不明)。

▽1956.07.20 門司市沖の海上にC107輸送機が墜落、乗員4人が絶望。

▽1957.04.22 午後3時40分頃、八幡市の山中にC119輸送機が墜落し、乗員4人が死亡。さらにこの日は午後6時頃、八幡市の別の山中にヘリコプターが墜落し、乗員1人が死亡、2人が重傷。

▽1957.05.20 硫黄島から芦屋航空基地に飛来したC130輸送機が着陸を誤り、基地内の兵舎に激突、3人が死亡、14人が負傷。

▽1961.12.07 福岡市香椎の工員男性(27)方にF100戦闘機が墜落し計3棟の住宅が全焼。工員男性の妻(23)ら3人が焼死、後日さらに1人が亡くなる。パイロットは墜落直前に脱出。

▽1963.01.18 板付基地を離陸したF100戦闘機が直後に爆発炎上、パイロットが即死。

▽1965.02.18 板付基地を離陸した三沢基地所属のF100戦闘機が直後に山中に墜落。パイロットはパラシュートで脱出し無事。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

No title

1963年当時中学二年の私は井尻の鹿児島本線そばに住んでいました。 ある日自転車で博多までまで行く途中板付飛行場を経由しました。 強烈に印象に残っているのは飛行場の南側の道路に踏切があり、飛行機が離発着する度に遮断機が下りること、もう一つは駐機場のそばで焼け焦げて骨組みだけになった米軍戦闘機が放置されていた事。 今回の記事でそれが1963年1月18日に墜落したF100と知りました。
まだ、米軍基地が沖縄だけでなく日本にも沢山あった時代の記憶です。

Re: No title

 コメントありがとうございます。
 F100の墜落炎上事故については、今回の記事を書くまで知りませんでしたが、1969年4月に起きたRF101の離陸失敗事故については私も覚えており、真っ黒に焼け焦げた機体がしばらく滑走路脇に放置されていたのが印象に残っています。
 私も板付に米軍基地があり、白木原、春日原、二日市などに米軍人が住んでいたことを強烈に覚えている世代です。現在も米軍ハウスが辛うじて残っているという話も聞きますので、いずれあの時代の思い出も絡めて取り上げたいとは思っているのですが…。

板付基地


] 1951.05.10

F-80C.

] 1952.07.23

C-119C.
49-138.

] 1956.07.20
] C107

V-107?

] 1969年4月

RF-101G.
54-1459. RG 54-549.