緑色の桜

IMG_4751[1]

IMG_4750.jpg

 福岡市中央区の地行中央公園を通った際、薄い緑色の桜が咲いているのに気付いた。「御衣黄」「鬱金」という緑色の花を咲かせる桜があるとは聞いたことがあり、福岡県内では宗像市の鎮国寺が名所らしいので、一度見に行きたいと思っていた。しかし、普段ウォーキングしている公園にあったとは予想外だった。いつものことだが、自分の観察力のなさに呆れ果てる。

 地行中央公園の桜の品種は、花や葉を見ただけでは私にはわからないが、「御衣黄」にしろ「鬱金」にしろ、花の見頃はソメイヨシノの後だという。福岡市は7日、大荒れの天気が予想されており、ソメイヨシノは散ってしまいそうだが、緑の桜はまだ、つぼみも数多く残っている。この週末も楽しむことが出来るだろう。

 地行中央公園はヤフオクドームの横にある派手な装いの公園だが、芝生広場や遊具がある場所以外はいつも閑散としている。ニキ・ド・サンファル作の印象深い彫刻
「大きな愛の鳥」もこの公園の一角にある。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント