水茶屋町

IMG_5029.jpg

IMG_5038.jpg

 先日いただいたコメントの中で、福岡市水茶屋町に戦前あった券番についてお尋ねがあった。券番とは芸者さんの事務所みたいなもので、一般的には検番、または見番と書くのだが、福岡ではなぜか券番と表記している。券番があったということは花街だったわけで、水茶屋町とは現在の博多区千代2、3丁目に当たる。戦時中に焦土となった福岡市だが、この付近は戦災に遭わなかったため、昔ながらの路地がわずかながら残っている。あるいは水茶屋町時代の痕跡もあるのではないかと思い、一帯を“徘徊”してきた。

 結論から言うと、この辺りもご多分に漏れず、大通り沿いはマンションやオフィスビルが建ち並び、かつての花街時代の記憶を見つけることは出来なかった。千代2丁目では一歩中に入ると、古い住宅や商家が連なる路地があり、何となく懐かしさを感じたが、さすがに戦前から残る建物とまでは思えなかった(写真1枚目)。一方、千代3丁目では電柱に「水茶屋」と記したNTT西日本の標識(写真2枚目)が取り付けられていたほか、「水茶屋」という名の喫茶店もあった。かつてここが水茶屋町と呼ばれていたという歴史を伝えるものは、気付いた限りではこの二つだけだった。

 水茶屋町の歴史を簡単に紹介すると、江戸時代の元文5年(1740)、現在の濡衣塚(博多区千代3の石堂川沿いにある。写真下)付近に水茶屋が開業したのが町の始まり。明治に入り、水茶屋が遊女屋を兼業するようになると大いに繁栄したが、明治22年(1889)、遊女屋兼業が一転して禁止され、いったんは急速に寂れた。

 ところが、明治34年(1901)、相生券番(現在の博多区奈良屋町にあった)脱退組の芸妓たちが引っ越してきて新たに水茶屋券番を開業すると再び繁栄。昭和11年(1936)発行の『躍進の大福岡』(博多築港記念博覧会事務局)というガイド本には水茶屋券番について「芸と意気で売り、明治の末頃馬賊芸者と称する豪傑芸者があった。(中略)付近料亭も一流が多い。一方亭、常磐館、橋本、おきぬ、お園、中光等」と紹介されている。水茶屋券番は戦後、株式会社として再出発するが、1969年、他券番と合併して博多券番となり、水茶屋の名前は消滅した。

 『躍進の大福岡』に出てくる一方亭という料亭は東公園にあり、戦後は占領軍に接収され司令部として使われたことで有名だ。惜しいことに1946年4月、漏電により全焼した。一方、戦前まで水茶屋券番の事務所だった建物(千代2丁目にあった)は戦後、「共楽亭」という寄席となったが、人気は続かず、閉鎖後は共同住宅として使われていた。ここも火事で全焼したが、1984年12月のことで、昭和の後半までは健在だったことになる。水茶屋の歴史を伝える建物の焼失は地元ではニュースとなり、当時の新聞は<焼けた共同住宅の一部には、かつて「水茶屋券番」があり、映画「馬賊芸者」のロケが行われたこともある>と報じている。恐らくこの頃はまだ、水茶屋町の記憶は濃厚だったのだろう。

 水茶屋町の歴史については、『躍進の大福岡』のほかに、『博多郷土史事典』(井上精三、葦書房、1987)、『福岡市』(清原伊勢雄、福岡市編纂部、1916)を参考にした。(※「券番」を「巻番」と誤って書いていましたので、修正しました)


IMG_5047.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント