今年は今宮と武田

DSCF1169.jpg

DSCF1171.jpg

 博多祇園山笠の飾り山笠公開が例年より1週間早く6月24日から始まった。福岡市では同日から28日まで、第99回ライオンズクラブ国際大会が開かれており、国内外から集まった38,000人の参加者を歓迎するため、お披露目を早めたという。参加者数は福岡市で開かれた国際会議としては過去最大で、地元紙の西日本新聞によると、市は112億円の経済効果を見込んでいるとか。どういう計算で112億円になるのかは報道されていないので胡散くさい数字に思えるが、事実ならば、景気のいい話だ。

 25日夜は福岡ヤフオク!ドームで谷村新司さんらが出演して歓迎のショーが開かれ、ドーム前の飾り山笠が参加者を出迎えていた。今年のモデルは工藤監督のほか、今宮、武田の両選手。武田はともかく、今宮の方は特徴的な細い眉と、何よりバントの構えをしているので彼だとすぐにわかる。バント姿の山笠人形など初めてではないだろうか。

 見送り(裏側)は「奇襲桶狭間決戦」。ライオンズクラブ国際大会の参加者は海外はじめ県外からが中心。当然ながら日本のプロ野球、ましてホークスには関心のない人が大半で、勇壮な武者人形が飾られた見送りの方が断然好評の様子だった。

関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント