8月24日に供養祭集中?

IMG_5584b.jpg

IMG_5583b.jpg

 福岡市博多区中洲2にある「川端飢人地蔵尊」で23、24日、夏祭り(施餓鬼会)があり、地蔵尊は数々の盆提灯で飾り付けられ、地元の人によるあめ湯の接待なども行われていた。過去にも取り上げたことがあるが、飢人地蔵とは享保の飢饉(1732)での餓死者を供養するために建立されたものだ。少なくとも6~7万人の犠牲者を出したとされる旧・福岡藩領には数多くの飢人地蔵が建ち、飢饉の悲惨さを伝えている。(
「大休と飢人地蔵」「享保の飢饉の餓死者数」

 飢人地蔵について初めて知ったのは、中学校の歴史の授業でだった。江戸時代の飢饉について学んだ際、講師(正式な教員ではなかった)が福岡でも多数の人々が餓死し、その供養のための地蔵が市内各地に建っていると話してくれたのだ。教科書に載っていた内容よりも、こういった雑談めいた話の方が印象に残っているもので、この歴史講師はたまに脱線しては福岡の古い話を語っていた。教員というよりは郷土史家みたいな人物だった。

 話を戻すと、博多区千代2にある「西門飢人地蔵堂」の供養祭も川端と同じ毎年8月23、24日に行われている。飢人地蔵ではないが、身代わりで刑死したと伝えられる浪人を祭った中央区唐人町1の「八兵衛地蔵尊」の祭りもやはり8月23、24日。少し毛色は異なるが、宝暦5年(1755)の大風雨による死者を供養する博多区大博町の「大浜流灌頂」が8月24~26日。ぱっと思い浮かんだのはこの程度だったが、市内では恐らくもっとたくさんの祭り、あるいは施餓鬼会がこの季節に行われていると思われる。なぜ、8月24日前後にこの種の供養祭が集中しているのだろう? 恐らく毎月24日が地蔵菩薩の縁日であり、なおかつ先祖を供養するお盆に近い時期だからだろうという結論に達したが、果たしてどうだろうか。

 京都をはじめとする関西では同じこの時期、「地蔵盆」という催しが盛んに行われているという。地蔵菩薩は子供の守り神的な存在であることから、こちらは子供の健やかな成長を祈る祭りとして伝わっており、お参りに来た子供たちにはお菓子が配られるという。地蔵盆も源流は、戦乱や自然災害、飢饉等の犠牲者を供養する祭りで、次第に子供の祭りに変容していったのではないかと、例によってアバウトな推理をしたのだが、インターネット上にあった研究論文(※)には「地蔵盆はそもそも最初から子供の安全を祈る行事であった」という趣旨の記述があった。福岡で続いている様々な供養祭とは開催時期が共通しているだけで、起源や意味合いは全く違う催しであるようだ。

 話は変わるが、飢人地蔵を世話している上川端商店街のアーケードには今、豪華な七夕飾りが吊り下げられ、まるで七夕まつりで有名な仙台みたいな雰囲気となっている。実はこの飾りは正真正銘、今年の仙台七夕まつり(8月6~8日)を彩っていたものだ。仙台の祭りが終わると上川端商店街が譲り受け、続いて博多のアーケードを飾るという交流が2005年から続いている。今年は27日まで飾られる予定だ。

 (※)
『京都の地蔵盆の宗教史的研究』 (清水邦彦、2011)

IMG_5581.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント