旧都井岬観光ホテル解体へ

DSCF8139.jpg

DSCF8176.jpg

 3年前の夏、御崎馬の生息地として有名な都井岬(宮崎県串間市 )に遊びに行き、廃ホテルが並ぶ無残な光景に衝撃を受けたことがある(「廃ホテルが並ぶ都井岬」)。このうちの一つ、旧・都井岬観光ホテル(写真上)の解体が近く始まるとの記事が読売新聞のニュースサイトに掲載されていた。ホテル跡を所有する串間市は9月議会に解体工事の請負契約議案を提案予定で、可決されれば年度内にも解体を終える見通しだという。宮崎有数の観光地の景観整備がようやく始まるわけだが、都井岬にはこのほかにも廃虚化したホテル跡が並ぶ。中でも2000年に閉鎖された旧都井岬グランドホテル(写真下)の惨状はすさまじいばかりだが、こちらの解体はまだメドも立たない状況のようだ。

 都井岬観光ホテルの沿革を簡単に紹介すると、宮崎が新婚旅行ブームに沸いていた1964年、宮崎交通の子会社として開業した。客室数150室、最大収容人員は410人。都井岬にはピーク時の1974年、70万人近い観光客が詰めかけ、16もの宿泊施設があったといわれるが、その中でも最大だったのがこのホテル。しかし、観光客の激減で経営は悪化、累積赤字に耐えかねた宮崎交通が投げ出した後、経営権は転々。最後は大阪の不動産会社が運営していたが、宿泊客は伸びず、2010年3月、突如として閉館した。

 2012年12月、ホテルの土地・建物は競売にかけられ、堺市の不動産会社が落札した。この会社は土地を太陽光発電に活用する計画だったという。シンボル的観光地のこれ以上の環境悪化を嫌った串間市も競売に参加していたが、タッチの差で落札できず、その後、不動産会社と交渉を続けた末、昨年、不動産会社の落札価格をやや上回る約4,000万円で買い取ったという経緯がある。同市の今年度当初予算には解体に向けての調査費が計上され、解体は既定方針となっていた。

 もう一つの大型ホテルだった旧都井岬グランドホテルについては経営母体など詳しくはわからなかったが、客室数は65、最大収容人員は227人で、2000年1月に廃業している。こちらは道路沿いの非常に目立つ場所にあり、近年は廃虚マニアにとっても有名な存在だ。今年3月の串間市議会一般質問では、議員の一人が「あの廃虚があっては都井岬のイメージが未来永劫下がり続ける」とまで訴え、旧観光ホテルとともに解体するよう求めていた。

 これに対する野辺修光市長の答弁は「該当する物件が民間の所有物でありますことから、課題が多いと考えておりますが、国定公園においては、景観の保全や美化が重要であることも認識いたしておりますので、国の制度事業などの情報収集はもちろん、その他の手法の調査研究も行い、よりよい解決策を見つけてまいりたいと考えているところであります」というものだった。旧観光ホテルの土地・建物買収費が約4,000万円、さらに調査費を含めた解体工事費が約1億円。今年度一般会計予算の規模が218億円、人口に至っては2万人を割り込んだ串間市にとり、旧観光ホテルの解体だけでも大事業であり、旧グランドホテルも同時には無理ということだろう。都井岬からの廃虚一掃までには、なお時間が掛かりそうだ。

 都井岬を訪れる観光客は近年はかつての7分の1の10万人程度にまで落ち込んでいる。串間市観光協会のサイトによると、岬には現在、宿泊施設としては小規模な国民宿舎と民宿2軒があるだけで、収容人員は3施設合わせてもようやく100人を超える程度だ。旧観光ホテル跡地については、更地になった後、宮崎市の企業が新たな観光施設建設に乗り出すと伝えられているが、具体的なスケジュールはまだ未定らしい。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント