同姓同名

 来年1月29日投開票の佐賀県唐津市議選(定数30)に同姓同名の2人が出馬見通しで、選管が苦慮しているとの報道があった。漢字も読みも全く同じで、選管としては現職・新人の別や年齢等を投票用紙に補記してもらう方向で検討しているという。ただし、補記について周知徹底すると2人の名前だけを選管がPRすることにもなり、頭を悩ませているらしい。

 過去の地方選で同姓同名候補が立候補したケースを調べてみると、2000年3月に行われた福島県柳津町議選に2人の伊藤毅(つよし)さんが立候補している。この時の選管も苦慮したというが、「地域名+フルネーム」(他にも伊藤候補がいたため)という形での投票を有権者に呼び掛け、結果的に案分票はほとんど発生しなかったらしい。ちなみに伊藤毅候補はダブル当選を果たしている。

 市長選でも2人の同姓同名候補が出馬した例がある。現在では合併で消滅した茨城県の某市で1971年にあった話だが、地元では“黒歴史”として記憶されていると思うので、敢えて実名は避ける。リコールでワンマン市長が失職、出直し市長選にリコール運動の中心人物(以下、USさんと表記)が立候補したところ、彼の当選を阻止するため失職市長派がUSさんと同姓同名の人物を担ぎ出したのだ。

 これだけでも噴飯ものだが、この同姓同名氏は政治経験ゼロで、しかも入院中だったという。この時も選管は候補者名の前に地名を付記させるという方法で混乱を回避し、案分票はやはりほとんど出なかったという。選挙結果の方は、USさんが1万票あまりを獲得し圧勝、同姓同名氏の方はわずか42票だった。この二つの例を見ると、たとえ同姓同名候補がいたとしても、有権者側にまともな良識があれば、選管が苦慮する事態にはならないことがわかる。

 なお、茨城県某市で市長がリコールされたのは、職員組合と激しく対立したあげく、組合側を力で鎮圧しようと警備会社のガードマンを独断で臨時職員として雇ったことがきっかけだった。労使対立の原因は、市長が昇給やボーナスに成果主義、能力主義を導入しようとしたことで、これに組合側が猛反発し泥沼の争いとなったという。公務員の成果主義、能力主義など今となっては当然の話で、現在ならば市長の意向は問題なく実現し、反対する組合側が世論の袋だたきにあったと思うが。

 蛇足だが、私も小学生時代に同姓同名の人物に出会ったことがある。学年は私の方が一つ上だったが、奇しくも同じ日に転校してきて、担任となる2人の教員を混乱に陥れた。新しい学校に馴染んだ頃、1学年下に同姓同名君がいることが級友たちの間に知れ渡り、数人の物好きたちが彼の顔を見に行った。どういうわけか返却された彼のテストの点数まで目撃してきたらしく、彼の点数にちなみ、私はしばらくの間「10点君」(100点満点)と級友たちから呼ばれていた。それほど頭に来たわけではないが、考えてみれば、自分が10点をとったわけではないのだから、これほど理不尽な話はない。


 ※今年3月に取り上げた「此の屋敷の供養塔」の来歴についてはさっぱりわからず、途方に暮れていましたが、最近、コメントで耳寄りな情報をいただきました。興味のある方は「荒戸通町」のコメント欄をご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント