西新商店街で建物倒壊

IMG_6193.jpg

IMG_6197.jpg

 25日午後、福岡市早良区西新の上空を複数のヘリが騒々しく飛び回っていた。何事が起きたのだろうと思っていたら、外出していた家族から急報が入った。「西新商店街でビルが倒壊したらしい」と。これは一大事だと思い、現場に急いだところ、商店街の狭い路地には消防車が並び、騒然とした雰囲気だった。現場周辺は立ち入りが規制され、遠くからはさっぱり状況がわからなかったが、現場近くの商店の女性によると、解体中の建物が突然、大きな地響きとともに道路に崩れ落ちたという。幸いにもけが人は出なかったらしいが、普段からこの道を自転車で通っている家族は真剣に青ざめていた。

 倒壊したのは、以前は1階にブティック、2階に雀荘が入居していた建物。2階建ての建物をビルと呼んで良いものかわからないが、朝日新聞は「商店街でビル倒壊」と速報。この記事の写真はヤフーのトップページに掲載され、これまた「福岡でビル倒壊」の見出しが躍っていた。これらの見出しだけ読めば、博多駅前の大陥没に続き、また福岡で大事故が起きたと勘違いされ兼ねない。現実に「解体中のビル」と聞き、一昨年7月末で閉店したプラリバを思い浮かべた人もいたようだ。

 そのプラリバの解体工事がようやく本格化している。工事期間は2016年10月24日から18年5月15日までで、ほぼ2年がかり。大通りに面した建物だから、それこそ事故がないように慎重に進められるのだろうか。跡地には上層階にマンション、低層階に商業施設が入る30階建てのビルが建設されると西日本新聞などは報じているが、その完成はさらに2年後の2020年の予定だとか。周辺住民はずいぶん長く不便な生活を強いられることになる。


IMG_6189.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント