途切れたエスカレーター改善へ

IMG_6299.jpg

 福岡市のJR博多駅には非常に残念な箇所がある。市営地下鉄のコンコースから博多駅筑紫口(新幹線駅側)に上がっていくと、エスカレーターが途切れ、階段を使うしかなくなるのだ。福岡人は“こんなもの”だと諦めているが、荷物を抱えて新幹線乗り場に急いでいる時など、やはり「エスカレーターぐらい最後まで造れ」と愚痴を言いたくもなる。県外の人には理解不能な構造だろう。政令市の玄関口にあるまじき、この残念な状態を解消する計画がようやく2019年度からスタートする。福岡市が14日公表した新年度予算案の中に、コンコースから筑紫口までをきちんと直結するエスカレーターの基本設計費2174万円が盛り込まれているのだ。着工は恐らく20年度以降になるだろうが、それでも朗報と言えるだろう。

 ご存じない方のために簡単に説明すると、地下1階の地下鉄コンコースから地上1階の筑紫口までには計49段の階段がある。階段31段分はエスカレーターが設置されているのだが、途中にある踊り場でエスカレーターは途切れ、残る18階分は階段だけとなる。1985年の地下鉄博多駅の本開業当時からこの状態で、2011年に博多駅が新ビルに建て替わった際も改善されなかった。

 なぜ、こんな残念な構造になっているのか? 理由は意外に単純明快で、階段31段分までが福岡市営地下鉄の領分、上の18階分はJR西日本(新幹線駅側はJR九州ではなく、西日本が管轄)の領分だからで、要するにエスカレーターは地下鉄管轄部分にしか整備されていないのだ。福岡市は以前からJR西日本に改善を働きかけてきたというが、バリアフリーに程遠い状態が結果として30年以上も続いてきた。あくまでも想像だが、JR西日本としては、他社(地下鉄)の利用客のために大金を掛ける気はなかったのだろう。利用客の一部は新幹線の利用客でもあったと思うのだが。

 新たなエレベーター整備について、新年度予算案の資料には「筑紫口において、お客様の利便性向上を図るため、地下鉄コンコースから地上へのエスカレーター設置に係る基本設計を実施するとともに、更なるバリアフリー経路の充実について検討する」と記されている。市が関連予算を計上したということは、一向に動かないJR西日本に業を煮やし、整備を肩代わりすることを決意したということだろうか。資料に書かれている情報だけではわからないことが多過ぎるので、迷惑だろうとは思いつつ、市交通局にエスカレーターの完成時期や、市とJR西日本の費用負担などについて尋ねてみた。交通局の応対は非常に丁寧だったが、質問に対してはゼロ回答だった。まだ、一般市民に明かせる段階ではないのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する