# 旧聞since2009

# 福岡市立霊園に合葬墓?


 福岡市が新年度から、市立霊園への合葬墓導入について検討を始める。先頃発表した予算案の中で明らかにした。少子高齢化で墓の維持が重荷となっている家庭が増える一方、都市部では近隣に墓地を確保するのが非常に困難になっている、と聞く。自分の墓をどうするか、私自身がちょうど思い悩み始めた時だったので、関心を覚えた。予算資料には「市立霊園内における合葬墓等の導入検討」とあるだけで、実現するかどうかもわからない段階だが、合葬墓に対するニーズは福岡でも恐らく大きいのではないかと思う。

 福岡市には平尾(南区平和。写真)、三日月山(東区香椎)、西部(西区羽根戸)と市立霊園が3か所あり、区画数は1万を超えている。しかし、相当な幸運に恵まれなければ、これらの霊園に墓を造ることは不可能だ。毎年、空きが出た区画の募集が行われてはいるが、市の公表資料によると、2011~15年の5年間で募集は計171区画だったのに対し、応募者は6,972人で、倍率は実に40倍。中でも市街地にある平尾霊園は60倍を超えている。市立だから使用料(初回のみ1平方㍍当たり172,000円~260,000円)、管理費(1平方㍍当たり年1,000円)が格安なうえ、自然に恵まれた場所にあることも魅力なのだろう。

 しかし、冒頭で書いたように、墓地不足の一方で、少子高齢化で代々の墓を維持することが困難となった家庭が増え、この二つの問題の解決策として、首都圏や京阪神では合葬墓(永代供養墓)を設ける動きが1990年代から広がってきたという。自治体で最初に合葬墓を設置したのは1993年の横浜市で、自治体、霊園利用者の双方にとってコストが抑えられるというメリットもあり、その後、大阪、神戸、千葉市など多くの都市が続いている。

yokohama.jpg ところで、合葬墓とはどんな構造なのか? 墓園によって様々なようではあるが、地下に大型の納骨室を設けたうえで、地上には墓参のためのモニュメントなどを配置するのが一般的らしい。先駆者の横浜市・日野公園墓地(写真、横浜市資料からお借りした)にはこの形式とともに、庭園風に整備した一角の地下に直接骨壺を埋葬する樹木葬型合葬墓も設置されている。同市の資料によると、管理料は1区画1体当たりで年3~6万円と意外に高額だったが、樹木葬型は比較的高倍率となっている。

 福岡市は新年度から設置の検討を始めるというのだから、横浜市からは実に20年以上も遅れてやっとスタートラインに立つことになる。市立霊園は狭き門とは言え、墓地不足は首都圏ほど深刻ではないため、大きな危機感はなかったのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koikoi2011.blog.fc2.com/tb.php/753-86d74064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# 検索フォーム

# 最新記事

# 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

# 訪問者

# 管理人

駄田泉

管理人:駄田泉
福岡の中小企業に勤める定年間近の中年オヤジです。物忘れが激しくなったため、ボケ防止のためにブログを書いています。主に福岡の情報を紹介していますが、タイトル通り、新しい話は何もありません。Twitterではたまに、胡散くさい情報を発信。