プラリバ跡地再開発計画

IMG_6410.jpg

 2015年7月末で閉館した福岡市早良区西新の商業ビル、プラリバ跡地の再開発計画が21日、所有者の東京建物からようやく正式発表された。高さ140㍍の40階建てのマンション(330戸)と商業施設からなる複合ビルを建設するというものだが、目を引いたのは8階建ての旧建物の西半分を4階建てに減築し、そのまま商業スペースとして活用するという点だ。跡地は完全に更地にした後、新たなビルを建設すると思い込んでいたので、これは意外だった。

 東京建物の公表資料によると、本体工事は来年1月着工、商業施設の一部開業は2019年度、全体の完成は21年度を予定している。旧建物を減築して一部活用するのは商業施設の早期開業を図るためだという。プラリバ閉館以降、周辺の人通りが目に見えて減ったことに対し、東京建物側も少しは責任を感じていたのだろうか。ただし、商業施設の広さは旧建物の29,000平方㍍から10,000平方㍍に大幅縮小される。大規模マンションを建てるぐらいだから、東京建物が西新を住宅地として有望だと考えているのは間違いないが、商業地としてはそれほど魅力を感じていないのかもしれない。

 プラリバ跡地がある西新商店街にはもう一つの大型店、イオン西新店があったが、老朽化によりここも昨年5月で閉店。二つの大型店が消えたことによる影響を危惧した地元からは昨年、活性化支援を求める請願が市議会に出されている。この請願は昨秋、市議会の委員会で審査され、お決まりの継続審査となったが、この時の議論によると、客足減によりすでに5、6店舗が商店街から撤退したという。また、つい先頃にはプラリバ前の交差点の一角に長く店を構えていたファーストフード店が突然閉店し、地元民にショックを与えた。

 以前、県外から遊びに来た親族の子が西新商店街について「三つも集中していて便利だね~」と感想を漏らしていたが、この三つとはファーストフード店のマクドナルド、ミスタードーナツ、ケンタッキーフライドチキンのこと。「友達とおしゃべりする場に事欠かない」という意味だったようだ。しかし、このうちの二つは西新から去り、残るのはマクドナルドだけになった。プラリバ跡地再開発計画がまとまったことは朗報だが、商業施設開業はまだ2年も先。商店街も、買い物で利用する市民も、我慢の時が続くことになる。

 残るイオン西新店の跡地利用については、イオン九州側からは今のところ、何の発表もないが、地元商店街などでつくる「西新発展協議会」という組織に昨年8月、東京建物とイオン九州が新たに加わっている。イオン九州としても西新から完全撤退する考えはないのだろう。前述の市議会委員会では、イオン西新店跡地について、市側は「今後の計画は不明であるが、商業施設が建設されるものと聞いている」と述べている。この言葉を信用すれば、イオン九州からいずれ、跡地利用について何らかの発表があるだろうと思う。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント