新原・奴山古墳群を見てきた

IMG_6821.jpg

DSCF1737.jpg

 先日、福岡県福津市の新原・奴山古墳群を見学してきた。福岡県が世界遺産登録を目指してきた「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の構成資産の一つ。宗像市沖の玄界灘に浮かぶ孤島で、古代祭祀の遺構が残り、国宝8万点が出土した沖ノ島(宗像大社沖津宮)については今月、ユネスコの諮問機関イコモスが世界遺産登録を勧告したが、新原・奴山古墳群や宗像大社の辺津宮、中津宮は「世界的価値なし」として除外が要求された。地元には落胆が広がっているというが、この古墳群の歴史的価値は別にして、史跡としての見た目はインパクトに乏しかった。現在、福津市が散策路を整備するなど史跡公園化を進めているが、このまま世界遺産から漏れた場合、整備の先行きはどうなるのだろうか。

 新原・奴山古墳群は、海を見下ろす東西800㍍の台地上に、5~6世紀に築かれたと推定される41基の古墳(前方後円墳5基、円墳35基、方墳1基)が密集している。一帯に広がるのは農地やため池。冒頭書いたように史跡公園化が進められている最中で、説明パネルにはまだ何も設置されていない状態だった。この古墳群は、国史跡・津屋崎古墳群の中の一つで、津屋崎古墳群全体が沖ノ島の古代祭祀を担った胸形(宗像)氏の奥津城だとみられている。津屋崎古墳群の中で、新原・奴山だけが世界遺産候補に加えられたのは、立地場所が“海人族”などと呼ばれる胸形氏を象徴しているためだという。

 津屋崎古墳群の中で最も有名な古墳は、全長23㍍もの長大な石室を持つ宮地嶽古墳(7世紀築造の円墳)ではないかと個人的には思うが、この古墳は宮地嶽神社の奥宮となっている。宮地嶽神社とは嵐出演のCMに登場した「光の道」で一躍有名になったところだが、それはともかく、宗像大社を世界遺産に登録しようとしているのに、別の神社が交じっていたのでは紛らわしいと候補から外されたのだろう。(下の写真が宮地嶽古墳の石室、一直線に海に延びる宮地嶽神社参道)

 話は少し変わるが、沖ノ島の世界遺産登録を巡り、『週刊新潮』が配信した記事に少々悪意を感じた(
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05190559/?all=1)。“地元紙記者”なる人物の証言を中心に書かれた記事なのだが、大意を要約すると、次のようになる。
▽宗像大社や周辺の古墳群などが除外され、地元には落胆が広がっている。
▽沖ノ島は基本的に上陸は許されず、女人禁制。単体で登録されても観光的価値はない。
▽本当の狙いは宗像大社や古墳群を世界遺産に登録し、海外の観光客を増やすことだったが、これらだけでは登録が厳しいので、沖ノ島をセットにして推薦した。
▽しかし、審査側に下心を見透かされ、目論見は外れた。

 地元に喜びだけでなく、落胆も広がっているのは確かであり、世界遺産登録を観光客誘致の弾みにしようと目論んでいたことも確かだ。『週刊新潮』の記事ではその点では間違いはないとは思うが、沖ノ島が権威付けのためだけの付け足しであるはずがなく、本当に記事にあるような証言をした地元紙記者が存在したとしたら、少し驚きだ。


IMG_6857.jpg

IMG_6858.jpg

IMG_6866.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント