遅れる旧高宮貝島邸整備

旧貝島邸

 福岡市南区高宮に残る炭鉱王一族の邸宅跡「旧高宮貝島邸」の整備計画がようやく固まったらしく、各紙地域版で相次ぎ紹介されていた。それによると、福岡市は民間企業の力を借り、旧貝島邸をレストラン等を備えた迎賓館的施設に改装し、4年後の2021年度オープンを予定しているという。

 これには驚いた。福岡市がこれまでに明らかにしてきた想定スケジュールでは、2016年度中には整備・運営を担当する企業を選んだうえで設計まで完了、17年度から工事に取り掛かり、18~19年度には開園予定となっていたからだ。つまり全体スケジュールは2~3年遅れるということになる。今年2月、事業が予定通り進んでいないのではないかと疑い、
「旧高宮貝島邸の現状」の中で、「炭鉱王一族の豪邸を目に出来る機会が、また遠のかなければ良いのだが」と書いたのだが、悪い予感は当たっていたようだ。

 旧高宮貝島邸について改めて紹介すると、貝島炭砿の創業者・貝島太助を支えた弟・嘉蔵の屋敷跡で、1915年(大正4)に直方市に建てられ、27年(昭和2)に現在地に移築されてきた。1.9㌶の広大な敷地の中には母屋、茶室、衣装蔵の3棟約670平方㍍が現存し、このうち母屋と茶室は今月、「市内有数の大規模な近代和風建築であり、石炭業全盛時の歴史を伝える貴重な建造物」として市の登録文化財にもなっている。

 670平方㍍の屋敷とは驚くべき広大さだが、これでも2001~02年に一部建物が解体され、移築時の半分以下になっているという。「炭鉱王の大邸宅」の代名詞ともなっている飯塚の伊藤伝右衛門邸が1,020平方㍍というから、これをも上回る規模だったことになる。敷地は約23億円で市が購入、建物は貝島家から寄贈を受け、市は一般開放するため、2015年度から整備案の検討を始めていた。この時には「2017年度開園」という報道もあった。

 なぜ、これほど遅れたのか。どの新聞にも「21年度オープン」とさらっと書かれているだけで、遅延の理由についての説明はないが、要するに想定スケジュールが甘かったということなのだろう。旧貝島邸クラスの整備・運営を任せられる民間企業となると、地場では数が限られる。例えば、有力候補として思い浮かぶのは、高島市長と“蜜月”の関係とも噂される某私鉄あたりだ。何の根拠もないが、スケジュール等について企業サイドから否定的な声でも上がったのだろうか。根拠のない話を書くなと言われそうだが、私のような部外者はともかくとして、旧貝島邸のオープンを心待ちにしている地元関係者も少なくないのだから、市はもう少しきめ細かに情報発信して欲しいところだ。

 旧貝島邸の整備・運営を民間に委ねることについては、市議会内には「歴史的建築物を後世に伝えていけるのか」と否定的な声もある。確かに、伊藤伝右衛門邸は建物や庭園を含めた屋敷全体が資料館となっているだけで、レストランなどは併設されていなかった。伝右衛門邸と同じく、来館者には近隣で食事をしてもらった方が地域経済にとってはベターではないかと思うが、福岡市はとしてはもっと観光色の強い施設整備を望んでいるのだろう。写真は旧貝島邸の現況で、市の発表資料から拝借した。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント