シーサイドももちで花火大会

IMG_7158.jpg

IMG_7140.jpg

 福岡市のシーサイドももち海浜公園で26日夜、17年ぶりに花火大会が開かれる。以前は観覧無料だったが、今回は海浜公園全体が有料エリアとなり、大人2,000~7,000円の料金が必要。打ち上げ花火などは河川敷や海岸に座り込み、ただで見るものだと思っていたが、最近では企業からの協賛金が集まりにくくなり、観覧を有料にして費用を賄うのが一般的らしい。

 海浜公園では観覧席の設置など準備が進む一方、周辺道路には花火大会当日は交通規制が行われることを知らせる看板が設置されている。写真2枚目は会場にも程近い「よかトピア通り」に架かる歩道橋にあった看板で、花火大会開催中の午後7時半から9時までは通行不可であることを告知している。花火大会と歩道橋と言えば、兵庫県明石市で2001年7月21日、花火大会に向かう見物客が歩道橋に殺到し、11人が死亡、183人が重軽傷を負う大変な事故があった。恐らくこの事故を踏まえての安全対策なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント