無事だった朝倉の水車群

IMG_7204.jpg

IMG_7210.jpg

DSCF1877.jpg

IMG_7194.jpg

IMG_7223.jpg

 九州北部豪雨により大変な被害を受けた朝倉市に25日行き、農産物を買い込んできた。「何をのん気な」とお叱りを受けるかもしれないが、以前から足しげく通っていた農産物直売所がどこも営業再開していると聞き、「だったら地元のスーパーで買うよりは」と足を延ばして来た。豪雨から20日がたったが、依然として多くの場所が土砂や流木に埋まり、災害前、子供たちでにぎわっていた公園の芝生広場は土砂の仮置き場となり、風景が一変していた。

 不幸中の幸いというべきか、地域のシンボル的な存在である菱野の三連水車をはじめとする3基の水車群はほぼ無傷だったと聞いた。しかし、水車が水を汲み上げていた肝心の堀川用水が土砂で埋まり、全ての水車が動きを止めていた。20日から復旧作業が進められているが、まだ再稼働のめどは立たないらしい。被害を免れた水田は青々としていたが、田の表面は乾ききり、ひび割れが広がっている状態だった。

 朝倉の水車群は菱野の三連水車のほか、三島の二連水車、久重の二連水車からなり、堀川用水と合わせ1990年に国史跡に指定されている。筑後川の水を農業用水とするため堀川用水が掘られたのは1663年(寛文3)で、その約100年後、高い土地にあった山側の田に水を供給するため水車群が造られたとされる。1日の揚水能力は実に約2万㌧で、35㌶もの水田を潤していた。

 写真は上から菱野の三連水車、三島の二連水車、久重の二連水車、土砂で埋まった堀川用水、豪雨の爪痕が残る三連水車近くの公園。下は三連水車が稼働していた時の映像で、2014年6月に撮影した。

 【8月2日追記】朝倉の水車群は8月2日、稼働を再開しました。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント