帰って来た「青陵の泉」像

IMG_7561.jpg

IMG_7549.jpg

IMG_7547.jpg

 福岡市中央区の九州大六本松キャンパス跡地に、JR九州が建設していた複合ビルが完成し、26日に商業エリアが開業する。跡地再開発は着々と完成に近付いているが、気掛かりだったのは、九大教養部の前身、旧制福岡高校を記念して建立された「青陵の泉」像だ。キャンパス解体に際して一時的に撤去されていたが、現地で確認したところ、歴史あるブロンズ像は再び六本松に戻され、像の脇には由来を紹介する説明板も設置されていた。

 像が戻された場所は、敷地の北東隅に当たる六本松大通りの交差点に面した場所。キャンパス時代とほぼ同じ場所だ。ただ、以前は池の中に配された大きな自然石の上に据えられていたが、新たな台座は高さ1㍍程の御影石で、ずいぶん低くなった印象を受けた。また、池がなくなり、「青陵の泉」というタイトルではそぐわなくなったためか、説明板では「青陵乱舞の像」として紹介されていた。

 この像は、旧制福岡高校の同窓会「青陵会」により、1968年に除幕されたもので、手ぬぐいを手に応援歌を歌いながら乱舞する3人の旧制福高生がモデルだ。説明板には「旧制福岡高等学校の卒業せる人材、五千余名、生徒は弊衣破帽を専らとし、堂々博多の大道を闊歩、或いは校庭に高唱乱舞し」と記されているが、まさにその「弊衣破帽」「高唱乱舞」の姿を表現している。作者は、福岡美術界の重鎮だった安永良徳(1902~70)で、恐らく遺作に当たる。

 なお、JR九州建設の複合ビルは地上6階、地下1階建てで、商業エリアには蔦屋書店やスーパーのボンラパスなどが入居している。3~6階には福岡市科学館が入り、こちらは10月1日オープンの予定。名誉館長には、九大出身の宇宙飛行士、若田光一さんが就任する。

P1170002b.jpg

 六本松キャンパス時代の「青陵の泉」像。キャンパス閉鎖後の2010年4月に撮影した。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

思いでの六本松

九大の卒業生の者です。
現在は佐世保在住ですが、1998年から2005年まで福岡の城南区に住んでおりました。
つい先日この記事を読んでいたので、久しぶりに六本松を訪問してみました。
銅像も見て来ました。
懐かしいというか、とにかく周りが激変しており驚きました。
しかし以前より活気が出て街全体が明るくなっていくのではないでしょうか。
今は福岡はたまに行く程度ですが、行くたびに本当に良い都市だと再確認します。
このブログの記事も過去の分までゆっくり読ませて頂こうかと思います。

Re: 思いでの六本松

コメントありがとうございました。
おっしゃる通り、六本松は九大教養部があった頃とは全く別の街になりました。
地下鉄3号線が開通したあたりからファミリー向けのマンションが急増し、学生街の趣はなくなりつつあったのですが。