ハウステンボスと若鷹軍団

旧聞に属する話2010-ハウステンボス変更

 長崎県佐世保市のテーマパーク・ハウステンボスが経営苦境に陥っている。一度経営破たんした経緯があるだけに、九州外の人には「まだあったの?」と驚かれるかもしれないが、野村証券系の投資ファンド野村PFの経営下、入場者は一時、上向き加減だった。だが、世界同時不況で、頼みの綱ともなっていた外国人客も激減。佐世保市の要請を受けた、九州電力など福岡の主要企業7社が再建支援策などを検討していた。

 この7社は、プロジェクトチームを作り、2か月近く話し合いを続けていたのだが、結論は「再建を支援しない」。まったくのゼロ回答は、佐世保市長、途中で支援企業候補として名前が上がってきたエイチ・アイ・エスも予想外だったようだ。

 前回の破たんの際、JR九州など出資していた一部企業は痛い目に遭っている。各社の経営判断に口出しする筋合いはない。しかし、7社の首脳の中には「九州のためにも残したい」と明言する人もいただけに、建て前と本音が違い過ぎるようにも感じる。行楽施設で「危機説」が流れると、入場者は減るのが普通だと思うが、ハウステンボスには逆に人が押し寄せる。9月の連休に出かけたが、駐車場には車があふれていた。昼食を取るのにも長い列に並んだ。「九州のためにも残したい」という思いは、エイチ・アイ・エス頼みに完全にかじを切った福岡の経済界よりも一般市民の方が強いようだ。

 2004年の福岡ダイエーホークス売却の時も同じ印象を持った。親会社ダイエーの危機で、球団存続も危ぶまれ、「私たちに出来ることは」と考えた市民は、せっせとダイエーに買い物に行った。最終的に、ソフトバンクが200億円で球団を買収してくれ、九州にプロ野球チームは残った。この時、地元経済界の首脳は何をやったのか。事が収まった後、孫正義氏を酒席に呼び出し、福岡ダイエーホークスの応援歌合唱を聞かせたのだ。「この歌は、こんなにも愛されている。だから、変えるな」という意味だったらしい。

 当時、この話は地元のホークス愛を物語る“美談”として報道された。確かに、孫氏が理解を示し、応援歌の変更を最小限にとどめた(さびの「ダイエーホークス♪」を「ソフトバンクホークス♪」に変えただけ)のは美談だが、金も出さずに要求だけを出した経済界についても称えられる話なのだろうか。

 エイチ・アイ・エスのハウステンボス再建支援は、まだ正式決定に至っていないが、同社の沢田秀雄会長は「(施設運営に参加する場合は)規制のない自由な形で運営したい」と語ったと伝えられる(11月18日西日本新聞)。言葉の真意は報道だけではわからないが、「金を出さないのなら、口をはさまないでくれ」というメッセージだろうかと考えている。

 <追記>ハウステンボス再建問題はその後、エイチ・アイ・エスが支援を正式表明、このブログで酷評した地元経済界も側面支援することになった。あの落ち着いた街並みが廃虚にならなかったことは、非常に喜ばしいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]