ミノムシはどこに

IMG_8060b.jpg

IMG_8063b.jpg

IMG_8047b.jpg

 福岡市中央区の西公園や大濠公園を、ひたすら木々を見上げながら歩き回ってきた。何が目的だったかと言えば、ミノムシを探していたのだ。私たち中高年が子供だった昭和時代、秋冬になると、木々には数多くのミノムシがぶら下がっていた。しかし、最近はまったく見かけない。天敵のハエが日本国内に侵入し、ミノムシを餌食にしているためだという。西公園を散策中、この話をふと思い出し、ミノムシを探してみようと思い立った。注意深く探せば、1匹ぐらいは発見できるだろうと思っていたが、西公園を彷徨し、さらに探索場所を大濠公園に変えても、その1匹が見つからなかった。

 ミノムシは言うまでもなく蛾の幼虫で、その代表的なものがオオミノガだ。ミノムシの激減に気付き、天敵の出現を突き止めたのは地元・九州大の研究者で、街の木々からミノムシの姿が減ったことを不審に思い、1995年に調査を始めたところ、ミノムシに何者かの幼虫が寄生し、餌としていることが判明した。幼虫の正体を特定するため、羽化を待ったところ、中国などに生息する寄生バエ、オオミノガヤドリバエだとわかったという。

 オオミノガヤドリバエについて、国立環境研究所の「侵入生物データベース」には、日本への侵入経路は不明としながらも、「中国山東省では1990年代初頭にオオミノガ駆除のための天敵として利用されたことがあり、山東省由来と推測されている」と記されている。生物農薬として利用された程の天敵が襲来したのだから、ミノムシの姿が街中から一気に消え去ったのも無理はない。

 オオミノガは2001年、福岡県のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の恐れが増大している種)に指定されている。絶滅の恐れが増大どころではなく、もっと危機的な状況ではないかと思うが、同書によると、「現在でも本種のごく少数の集団が県内各地で時折観察され、完全な絶滅には至らない」という。

 なお、同書には「鳥などの天敵が少ない市街地や村落などに1955年までは極めて普通で、冬季の枯れ枝先の休眠幼虫は冬の風物詩とまでいわれた。しかし、1955年に日本各地で確認された外来種と思われるオオミノガヤドリバエの寄生によって関東北部、四国南部を除いてほとんど絶滅状態になった」と書かれているが、九大研究者によるオオミノガヤドリバエ発見の経緯を考えれば、1955年は1995年の誤りだろう。そもそも私が生まれる以前から絶滅状態だったのならば、子供時代にあれほどのミノムシを見かけたはずがない。暇な時には意味もなくミノを切り開いて遊んでいたのだから。

 この記事を書くに当たり、オオミノガについて少し調べてみて、驚くことがあった。ミノの中で冬を越した幼虫は、サナギを経て春から初夏にかけて羽化するのだが、いわゆる蛾の姿に変わるのはオスだけ。メスは羽が生えないどころか、幼虫時代にはあった肢さえ失い、ミノの中にとどまるのだ。外を飛び回るオスにしても食べ物を摂取する器官はなく、メスを探して交尾を終えると死に、メスも産卵後には一生を終える。しかし、そうやって残した子孫たちが次々に天敵に食い尽くされ、種の存続の危機に瀕している。昆虫の話とは言え、いたましい。

 ミノムシのミノを切り開いて遊ぶなど、むごいことをしていたものだと、今さらながら反省している。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

カラフルな蓑

確かに、ミノムシを見かけなくなったなあ、と福岡に帰省するたびに不思議に思っていました。そう言う事情があったのですね。
昭和の百科事典などには、ミノムシを蓑から出して、細かく切った大量の色紙に埋めてみよう、という主旨の記事があったと記憶しています。

Re: カラフルな蓑

 コメントありがとうございました。
 オオミノガヤドリバエが寒さに弱いそうで、関東以北ではまだ、ミノムシを見られるという話を聞きます。
 折り紙などでカラフルなミノを作らせるという話は私も聞いたことがあります。実践はしませんでしたが。