壮観だった「糸島のひなまつり」

IMG_8182.jpg

IMG_8177.jpg

IMG_8184.jpg

 糸島市の農産物直売所で買い物をした帰り、直売所近くにある志摩歴史資料館に数年ぶりに立ち寄ってきた。開催中だった企画展は「糸島のひなまつり2018」。多数のひな人形を展示するだけの催しだ。生まれ育った家庭も、現在の家庭も、ひな祭りとは全く無縁の家族構成だったため、世の中に数ある「祭り」の中で最も関心がない。正直、家族と合わせ2人分の入館料420円を支払ってしまったことを後悔したが、それこそ後の祭りなので、2階の常設展示室に行く前に、1階の企画展示室も一応のぞいてみた。意外に壮観だった。

 「糸島のひなまつり」は今年で17回目を迎える同館の恒例企画で、毎年多数の来館者を集める人気の催しとか。今年展示されている人形は、市民から借り受けた計516体。豪華な段飾り、御殿飾りが多数並び、企画展示室だけではスペースが足りず、一部はロビーにも飾られていた。これほど多数のひな人形を見るのは初めてだったが、間近で見るのも多分初めてだった。もちろん、日本人の中高年なのだから、店先や展示会場などで見たことぐらいはあるが、おおむねガラスケース越しだった。考えてみれば、ひな飾りがある家さえも身近には存在しなかった。

 展示されている人形の多くは昭和の作品で、恐らくは娘さんがある程度の年齢になり、現在では家庭では飾られる機会がなくなったものなのだろう。どの人形も顔も衣装も非常にきれいな状態で、大事にされてきたことが想像できた。

 初めて知ったことも色々とあった。お内裏様、おひな様の並びが揃いによっては左右バラバラだったので、「どちらでも良いのかな」と家族と話し合っていたのだが、ちゃんと説明書きがあった。京都をはじめとする関西地方では向かって左がおひな様、右がお内裏様という並びだが、西洋の影響を受けた東京では逆(西洋では右側が上位という考えで、女性を右に置いた)。高度成長期、ひな飾りの地方色が薄れていく中で、東京風が全国に広まり、現在ではこれが主流らしい。また、三人官女のうち、眉がないのは既婚者で、おおむね真ん中がそうだが、展示作の中には左側というケースもあった。意味が分からないが、作者の好みなのだろうか。

 「糸島のひなまつり」は3月21日まで。入館料は大人210円。蛇足だが、資料館1階隅の昭和の暮らし紹介コーナーに、以前はなかったホーロー看板が多数展示されており、目を引いた。蚊取り線香の「アース渦巻」、大塚の「ボンカレー」等々。市内にホーロー看板を収集してきた人がおり、寄託、または寄贈を受けて常設展示することになったようだ。こんなコレクションも世の中にはあるのだと感心した。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント