樋井川河口にあったものは

USA-M25-178.jpg

 福岡市の古い空撮写真や地図を眺めていて、妙なものがあるのに気付いた。写真は1956年(昭和31)に米軍が撮影したものだが、樋井川河口の地行側に長方形の一角が写っている。妙なものとはこれのことで、樋井川との間に開口部が設けられているところを見ると、最初は船溜まりではないかと思った。ツイッターで写真を取り上げたところ、同様のご意見をいただいたが、写真に見える修猷館高校や西南学院中高、西新小学校のグラウンドと比べると、船溜まりにしては小さすぎる気もする。何よりこの写真を含め、一角に船が確認できる写真が1枚もないのだ。古い住宅地図などいくつかの資料を当たってみたのだが、今のところ、正体をつかめていない。(写真は国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスから借用)

 福岡県立図書館がサイトで公開している『近代福岡市街地図』(明治13年~昭和17年の地図が掲載されている)によると、問題の一角は1926年(昭和元年)の地図に初めて現れる。いつまで存続したかを上記の地図・空中写真閲覧サービスで確かめると、1956年の写真にははっきり写っているが、61年(昭和36)の写真では完全に埋め立てられ、住宅らしきものが建ち始めていた。

 住宅地図を見れば、簡単に正体が判明するだろうと思い、同図書館が所蔵している住宅地図の中でも古い2冊、1932年の『福岡商工案内地図』と55年の『福岡地典』を閲覧してきたのだが、2冊ともに期待を裏切り、肝心の部分の記載がなかった。これは全くの予想外だった。商工案内地図にはそもそも地行地区の海岸部分が掲載されておらず、福岡地典ではどういうわけか、県営アパート3棟(上の写真で一角の南側に写っている建物だと思われる)が海岸に面して描かれ、一角の存在は無視されていた。55年の段階ですでに埋め立てられていたのかと一瞬勘違いしたが、56年の写真にはちゃんと写っているのだから、地図の間違いということになるだろう。

 樋井川河口は明治末から昭和初期にかけて埋め立てられ、西岸の西新側には「西新汐入地」という新たな住宅地が整備され、旧制福岡高の外国人教師宿舎が建てられている。一方、地行側については、『現在の福岡市』(1916)という大正時代の地誌的資料には「樋井川北沿岸は福博電車の埋立地にして夏季の納涼場として、将た海水浴場として其名遠近に高し」とある。福博電車とは、福博電気軌道の名で1910年(明治43)に開業した路面電車で、沿線開発の一環として納涼場、海水浴場を設置したようだ。問題の一角も納涼場、海水浴場の関連施設として整備された可能性はあり、例えば、昔は海水浴場に付き物だった貸しボートの係留施設を想像した。しかし、考えてみれば、貸しボートなどは海岸に引き上げておけば済む話だ。他には思い浮かぶものがない。地道に資料を当たっていくしかないのだろう。

 ※下線部分を訂正しました。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

面白いですね

これは一体何なのでしょうね。海水浴場のようにも見えますが…
旧・土地台帳に手がかりがないでしょうかね。

Re: 面白いですね

コメントありがとうございます。
スキっとした続報が書けたらいいんですが…。

地行西町の謎の物体

[太字]手許に塔文社昭和36年11月10日印刷の福岡市街図(復刻版)があったので、当該部分を見ると樋井川右岸河口付近の地行西町51と150の間に凸字型の構造物が描かれていました。
スケール・アップでの測定ですので精密ではありませんが南北方向に85m、東西方向に約25mの構造物の様です。 面白いのは同構造物が樋井川下流と同様の石積み護岸の記号で描かれている事。
大きさ、構造からすると海水浴場ではなく堀込型船溜まりとするのが正解のような気がするが、いかがでしょう?

きになります

ここ数年コッソリ楽しく拝見させて戴いております。
塩田とアタリをつけ検索したところ、鳥飼塩屋橋がヒットしました。もしや...
参考までに
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/56757/1/daiitibutiikinoisekijisya2.pdf
↓P11
http://www.city.fukuoka.lg.jp/chuoku/somu/charm-kankou/ch-jouhouhassin/shioyabashi.html

判明しました

vega様、ジイジ様、こそり様、コメントありがとうございました。
色々調べた結果、問題の一角はジイジ様からご指摘いただきましたが、船溜まりであったことが判明しました。経緯については、改めてブログにて報告させていただきます。
こんな個人ブログの記事に興味を持っていただき、貴重な情報までいただきましたことを本当に感謝いたします。