博多湾のノリ養殖と猪野銅山

19750304国土地理院

 国土地理院が1975年(昭和50)に撮影した博多湾の航空写真に、有明海みたいな風景が写っていた。シーサイドももち埋め立てで消滅した百道海水浴場のすぐ沖に、ノリ網が多数設置されているのだ。こんな市街地に近い海域で、昭和後期まではノリ養殖が行われていたのかと少し驚いた。博多湾のノリ養殖は現在、姪浜で続いているだけだが、かつては湾内で広く行われ、「博多湾ノリ」のブランドで各地に出荷されていたという。(写真は国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスから)

 福岡市漁協発行の『福岡市漁村史』(1998)によると、博多湾のノリ養殖は1894年(明治27)、箱崎の山崎親次郎という人物が多々良川河口の湾奥部で取り組んだのが始まり。湾内の漁業は冬季にほとんど水揚げがなかったため、漁業者の冬季の副業にしたいとの考えだった。その後、県水産試験場の指導もあって技術が向上すると、1902年頃には多い時で1日1万枚の生産量があったという。しかし、養殖開始翌年の1895年、多々良川上流の猪野(久山町)に銅山が開発され、その鉱毒が湾内に影響を及ぼし始めると、生産量は著しく減少。さらに1911年には、現在の東区名島にあったノリの加工場が火災で焼失し、博多湾のノリ養殖の歴史はいったんは途絶えた。

 再開のきっかけは、第一次大戦後の不況で猪野銅山が1919年(大正8)に閉山し、湾の水質浄化が進んだことで、戦後になると、博多湾のノリ養殖は東は多々良川河口から西は室見川まで拡大した。だが、1981年(昭和56)に始まった博多港の港湾整備により養殖場が次々に消滅していき、ノリ生産量は急速に減少していったという。上の写真が撮影されてから数年後には、博多湾の幾何学模様はほぼ姿を消したことになる。百道海水浴場沖も1982年から埋め立てが始まり、新たな街に姿を変えた。

 博多湾のノリ養殖の歴史を駆け足で記したが、意外に気になったのは、ノリ養殖を一度は中断に追い込んだ猪野銅山についてだ。久山町の歴史には疎いため、存在自体を知らなかった。そこで『久山町誌』(1996)をめくってみたが、それによると、1877年(明治10)頃から町内数か所で銅採掘が始まり、中でも猪野鉱山の中河内鉱は規模が大きく、鉱脈の露出も多い鉱山だった。銅鉱は博多港や現在の東区土井まで馬車で運搬され、その後は船や鉄道で下関・彦島や大分・佐賀関にあった精錬所に運ばれていた。閉山は、猪野鉱山が前記のように1919年、その他の銅山も戦前までには操業を停止したが、これらの廃鉱が水質汚染の原因となり、ようやく1975年になって鉱害防止工事が進められたという。

 町誌にはこのほか、1898年(明治31)頃には銅山の景気が特に良く、給料が高いのを羨んだ小作農たちが次々に銅山で働き始めたため、作付けができなくなり、地主たちが苦慮していたことなどが記されていた。しかし、銅山の経営者、最盛期の生産量や従業員数、鉱害の具体的な内容などついての情報はなく、今一つ銅山の実態をつかめなかった。『福岡県史』など他資料も当たってみたが、福岡県内の鉱業については炭鉱に全てのページが割かれ、銅山についての言及はゼロだった。機会があれば、猪野銅山の廃鉱探索でもしてみたいと思うが、現状はどうなっているのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント