九州電灯鉄道の痕跡

IMG_8708.jpg

 先日、福岡市中央区内を散策していた際、鳥飼神社に「九州電燈鐵道株式會社」と刻まれた石柱があることに、うかつにも初めて気付いた。十数年前から頻繁に通っている場所なのだが、例によって自分の観察力のなさに呆れるばかり。それはともかく、九州電灯鉄道とは、西鉄の路面電車(貫線)の前身に当たる福博電車を一時経営していた会社で、もう一本の石柱には大正2年(西暦では1913年)12月吉日に建立したと刻まれている。貫線は1975年に廃止され、九州電灯鉄道の痕跡は市内にはほとんど残っていないと思われるだけに、この石柱は案外貴重なものかもしれない。

 九州電灯鉄道は1896年(明治29)から1922年(大正11)まで、福岡市にあった電力会社兼電鉄会社。運行していた福博電車は現在の東区箱崎から中央区今川橋までを結び、今川橋で北筑軌道(今川橋~加布里)と連絡していた。今川橋の一つ手前の電停が地行西町で、ちょうど鳥飼神社の裏手にあった。石柱は、騒音などで迷惑をかける沿線に対して謝意を表したものだったのだろうか。

 地行西町は現在の中央区地行2、3丁目に当たり、この一帯を九州電灯鉄道は貸し邸宅地として開発していた。大正時代に出版された『現在の福岡市』(1916)には「巍然たる高楼櫛比し、壮麗なる庭園は細波静かなる湾内の雲烟に和して宛然たる一城廓をなす」と漢文調で当時の様子が記録されている。広壮な庭を持った豪邸が建ち並んでいたというわけで、この豪邸の中には、当時の同社役員の一人で、後に「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門(1875~1971)の屋敷もあった。この屋敷跡は後に日本興業銀行の寮となったが、現在は分譲マンションが建っている。

 西の終点の今川橋電停は樋井川に面し、この樋井川河口を同社が埋め立て、海水浴場や納涼場として整備していたことを
「樋井川河口にあったものは」で取り上げたが、同社はこのほかにも伊崎浜(最寄りの電停は黒門)で海水浴場を運営していた。また、西公園電停近くにあった菊人形の展示館・黄花園も同社の施設だったと思われる。

 貸し邸宅に娯楽施設と、沿線開発には相当積極的な会社だったようで、また、他社との合併も精力的に繰り返し、九州電灯鉄道は大正時代には「今や九州第一の大会社となれり」(『株式大鑑』1916)と評されていた。しかし、その大会社も1922年には関西電気との合併で解散し、それから1世紀近くがたった現在、沿線にあった施設は全て跡形もない。伊崎や地行の海水浴場に至っては、大規模な埋め立てにより海岸自体が消滅した。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

西鉄電車の発車合図

昭和51年地下鉄工事で西大橋付近をうろうろしていました。 既に貫線は廃止になっており、急遽アスファルトで覆った線路が工事中に出てきて切断したのを覚えています。  ところで幼少期貫線に乗った時、出発の合図で運転手さんが「明治運転五キロ、しゅっぱーつ」と言いながらさ指差確認をしていたのをおぼえていますが、【明治運転五キロ】とはどういう意味なのか、あるいは子供の耳にそのように聞こえただけで、本当は別の言葉だったのか? 60年以上経った今、謎が未だ解けません。

Re: 西鉄電車の発車合図

コメントありがとうございました。
私は路面電車の沿線には住んでいなかったため、頻繁には乗っておらず、ただ「チンチン」とベルを鳴らして発車していたという記憶しかありません。
「明治運転5キロ」が何なのか、面白そうな話なので、周囲に西鉄市内線に詳しく覚えている者がいれば、聞いてみようと思います。