映画『陸軍』に見る大空襲前の福岡

DSCF3604.jpg

 戦時中、福岡で撮影された映画『陸軍』を最近見た。1944年12月に公開された作品で、45年6月の福岡大空襲で焼け野原となる以前の街並みが記録されているため、福岡では歴史資料としても評価されてきた。初めて実写フィルムで見た44年当時の福岡市中心部は想像していた以上に近代的だった。

 映画は木下恵介監督、出演者は田中絹代、上原謙、笠智衆ら。タイトルからは戦闘シーンを連想してしまうが、小倉から博多に移り住んできた一家を描いた作品で、物語の最後では、一家の長男が所属する部隊が中国大陸に派遣されることになり、市内を行進しながら出征していく。多数の市民が日の丸を振って歓呼の声を上げる中で、一人母親(田中絹代)だけは時折涙をぬぐいながら長男を追い掛け、最後は両手を合わせて無事を祈る場面が印象的だ。

 このラストシーンが撮影されたのが、福岡市中心部。部隊が行進していく現在の明治通りにはモダンで、意外なほど大きな建物が建ち並び、呉服町交差点を右折した後は路面電車も映っている。私が確認できたのは、母親が見送りに急ぐ場面に映る、現在も残る赤煉瓦の旧日本生命九州支社(現・福岡市文学館、写真)とその隣の水鏡天満宮の社叢、遠目に映る県公会堂貴賓館の尖塔らしきものぐらいだが、千代田生命、三菱銀行などの建物が次々に登場するらしい。まだビデオソフトが普及していなかった時代、福岡市はこの映画のフィルムを購入し、古い街並みの調査に活用していたとも聞く。

 『陸軍』の原作は、朝日新聞に連載されていた火野葦平の小説。同新聞の縮刷版をめくり、連載を探し始めたのだが、途中で気が変わり、福岡大空襲についての当時の報道を調べてみた。45年6月21日の紙面に「福岡へ六十機」の見出しで以下の記事があった。

 西部軍発表(昭和二十年六月二十日六時)
 一、マリアナ基地の敵B29約六十機は六月十九日二十二時三十分頃より六月二十日午前零時三十分頃までの間、宮崎県東方海面より単機または少数機編隊をもって逐次九州本土に侵入、約二時間に亘り、福岡市に対し主として焼夷弾による攻撃を実施せり
 一、別に同時頃豊後水道より侵入せる敵B29約十機は関門付近に機雷を投下せり
 一、福岡市内各所に火災発生せるも軍官民の敢闘により二時三十分頃までにその大部は概ね鎮火せり

 被害が本当にこの程度で済んでいたら、『陸軍』に登場した街並みはもう少し後の時代まで生き残り、少なくとも映像や写真程度は多数残されていたことだろう。現実には229機ものB29が福岡に襲来し、『福岡市史』によると、926人の死者・行方不明者(資料によって数字が異なる)を出し、当時の市の総面積の3割、被害が大きかった中心市街地では地区によっては9割が焼失している。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント