新天町の飾り山、今年もサザエさん

IMG_0834.jpg

 博多祇園山笠が7月1日開幕するのを前に、福岡市内各所では飾り山の準備が進んでいる。29日、中央区天神の新天町商店街を通ったが、飾り付けはほぼ終わり、関係者が最後の調整中だった。ここの飾り山の題材は、今年も見送りが『サザエさん』で、実に7年連続。商店街関係者に直接聞いたわけではないが、福岡に縁の深い作品であり、TVアニメは国民的番組として幅広い年代に親しまれていることから題材に選んでいるらしい。

 『サザエさん』原作者の長谷川町子さんは戦時中の一時期、現在の早良区西新に疎開し、百道海岸(埋め立てで現在はない)を散歩していてサザエさんら磯野家のアイデアを思い付いたと言われている。これにちなみ、磯野家の“生まれ故郷”に近い西新商店街は「サザエさん商店街通り」を名乗っているが、福岡市民の多くがサザエさんと聞いてイメージする商店街は、ひょっとしたら毎年山笠が登場する新天町の方かもしれない。

 ところで、冒頭に「福岡市内各所では」と書いたが、博多祇園山笠は本来、福岡市内でも那珂川東側の博多部だけの祭りで、西側の福岡部に飾り山が登場したのは新天町が初めてだった。終戦からまだ間もない1949年(昭和24)のことで、最初は祭りを取り仕切る山笠振興会側から「山笠700年の伝統を破る」と猛反対を受けたという。だが、新天町商店街の店主の多くは、もともと博多の商家の生まれで、山笠に親しんで育ってきた人間ばかり。粘り強い交渉の末、最終的には振興会側も折れ、「長い山笠の歴史の上でもエポック」となったという。

 新天町は1954年(昭和29)にも、斬新な飾り山を作り、再度物議をかもしている。見送りの題材に、ディズニーのアニメ映画『シンデレラ』を選んだのだ。山笠の表題は今も昔も時代物が主流。これまた「伝統に反する」と猛反発を受けたが、ふたを開けてみれば、子供たちに大人気。これ以降、見送りの題材に限れば、特撮やアニメを選ぶ流が多くなり、新天町では恒例の『サザエさん』につながっている。

 今年はこのほか、アンパンマン(渡辺通一丁目)、ゴジラ(キャナルシティ博多)などが子供たちの人気を集めそうで、さらにはローカルのお笑い旅番組を題材にした『ゴリパラ見聞録』(博多駅商店連合会)というのもある。個人的には嫌いな番組ではないが、よくわからない選択だ。(参考文献は『福岡天神 都心界五十年の歩み』1999など)
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント