ニイニイゼミを久しぶりに見た

IMG_0875.jpg

IMG_0872.jpg

 福岡市中央区の西公園で、ニイニイゼミが「チィチィ」と鳴いていた。木を見上げて姿を探したが、見つけるまで、しばらく時間がかかった。このセミは羽も体も地味な茶色で、桜の木などにとまっていると見事な保護色になる。それでも虫捕りに熱中していた子供の頃は、簡単に見つけることができたものだが。私が子供だった昭和時代、福岡にごく当たり前にいたのはニイニイゼミとアブラゼミで、今では信じがたいが、クマゼミは稀少な存在だった。しかし、最近では鳴き声を聞くのも姿を見かけるのもクマゼミばかり。ニイニイゼミを見たのは本当に久しぶりだった。

 私が現在住んでいる地域では、朝起きた時にはすでに、クマゼミが「ワシワシ」と騒々しく鳴いている。クマゼミが静かになる午後には、アブラゼミが鳴き始めるが、数は圧倒的に少ない。ニイニイゼミの声を聞くことができるのは、西公園などそれなりの樹林がある場所だけで、市街地で聞くことはほぼない。私の子供時代とはセミの生息状況が大きく変わってしまったわけで、これは西日本の都市部では共通する現象のようだ。大阪府は大阪市内で2011年、セミの抜け殻調査を行ったが、見つかった抜け殻の98%がクマゼミだったという。

 クマゼミが圧倒的優勢になった理由については、<1>都市部の気温が上がるヒートアイランド現象により、南方系のクマゼミにとっては住みよい環境になった<2>孵化したばかりの幼虫でも土を掘り進む力が強いためアリの餌食になりにくい<3>飛翔スピードが速く鳥に捕食されにくいーーなどの説を聞く。様々な説があるということは、決定的な要因は解明されていないわけで、本当のところはまだ謎なのだろう。<2><3>についてはクマゼミがもともと持っていた能力なのだから、急に生息数が増えた理由にはならない気がするが。

 一方、ニイニイゼミが減った理由については、「ちょっと良い樹林が市街化で失われたため」との説を京都市職労などが唱えている。なぜ、セミの話に労働組合がかかわってくるかと言えば、京都では同職労が中心になって5年ごとにセミの抜け殻調査を行っていたためで、この結果に基づき、同職労は早くからニイニイゼミの減少を指摘していた。ただし、2010年の調査結果によると、ニイニイゼミの数はやや回復傾向にあるという。ネット上には、東京など他都市でも同様の傾向だとする報告があるが、少なくとも私の生活圏ではまだ、その気配は見られない気がする。

 小学生の頃、高学年になっても夏休みには虫捕りに明け暮れていたが、虫かごに入っていたのは、いつもニイニイゼミとアブラゼミだけ。冒頭にも書いたが、クマゼミがここに加わるのはまれだった。ツクツクボウシが鳴く頃は、さすがに虫捕りにかまける余裕はなくなり、仕方なく「夏休みの友」を開いていたものだ。手に入れる機会が少ない分、透明な羽を持ったセミの方が何となく貴重に思っていたが、不透明な羽を持つセミの方がむしろ少数派であることを大人になって知った。東日本でメジャーなミンミンゼミは、北九州の皿倉山など山中で鳴き声を聞いたことがあるぐらいで、憧れの存在だった。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント