阿蘇くじゅうでヒゴタイ開花

IMG_8932.jpg

IMG_0938.jpg

 ヒゴタイがそろそろ開花を始める頃だと思い、熊本県産山村のヒゴタイ公園、大分県九重町のタデ原湿原を散策してきた。予想通り、るり色の球形の花が、阿蘇やくじゅうの山並みをバックに風に揺れていた。一見、涼しげな風景だが、下界よりはましとは言え、阿蘇くじゅうの高原地帯も酷暑だった。(写真は1枚目がヒゴタイ公園、2枚目がタデ原湿原)

 ヒゴタイは、阿蘇くじゅう地域では「盆花」とも呼ばれるキク科の多年草。現在では絶滅危惧種にも指定される稀少な植物だ。ほぼ毎年、この花を見に阿蘇くじゅうに出かけているが、ヒゴタイ公園には今回初めて足を延ばしてみた。標高900㍍の高原地帯にあり、村の第三セクター、株式会社「うぶやま」が運営している。「村の花」であるヒゴタイのほか、四季折々の花が栽培されている自然公園で、キャンプ場なども併設されている。ただ、真夏のこの時期に開花している花は少なく、ヒゴタイが見頃を迎えるのももう少し先の様子だ。散策するのは、阿蘇に一足早く秋風が吹き始めるお盆過ぎの方が良いかもしれない。

 ところで、ヒゴタイの花は阿蘇くじゅう以外では見たことがないが、福岡県のレッドデータブックでも「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い」絶滅危惧IA類に指定されている。福岡県内のいったいどこにヒゴタイが生育していたのかと言えば、阿蘇くじゅうのような山岳地帯ではなく、宗像市の沖ノ島だという。昨年、世界遺産に登録された、あの玄界灘の孤島だ。阿蘇くじゅうと沖ノ島とではあまりに環境が違いすぎ、不思議に思えるが、かつては九州内の様々な場所にヒゴタイが広く自生していた証しなのだろう。

 1978年以降は採集記録がなく、沖ノ島ではすでに絶滅したと思われているが、北九州地区で1996年、数株が発見されたため、福岡県内での「絶滅宣言」は免れている。ただし、北九州地区ではこれ以前に採集・生育の記録がなく、レッドデータブックには「現存個体は植栽あるいは播種された個体に由来する可能性も否定できない」と記されている。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント