記憶に全くない先代の福岡市庁舎

IMG_8810.jpg

 福岡市博物館の常設展示室に、福岡市の先代庁舎の写真があった。1923年(大正12)の完成で、1945年6月の福岡大空襲を生き延び、昭和後期まで現役の庁舎として使用されていた建物だ。福岡市に長年住み、市役所がある天神界隈にも頻繁に行っていたのだが、この庁舎に関する記憶が全くない。福岡市が1972年に政令市となって以降、区役所には行っても本庁舎に行く必要がなくなったためもあるが、それにしても記憶が完全に抜け落ちている。一目見て印象に残りそうな重厚な建物なだけに、自分でも不思議で仕方がない。

 『福岡市史』(大正編)によると、先代庁舎は鉄筋コンクリート造り地下1階・地上3階建てで、さらに建物の中央に2階建ての塔屋がある構造だったという。塔屋を含めた高さは約27㍍。完成当時、市内では飛びぬけて巨大な建造物だったようで、市史に収録されている1923年12月6日の福岡日日新聞記事には、「新庁舎は高さ約九十尺、建坪延千五百坪で、全市を眼下にへい睨する巨人の観がある」と書かれていた。

 役所がバカでかいのはこの国、とりわけ地方ではよくあることだが、この記事にはもっと面白い話も書かれていた。新庁舎完成を機会に、市職員の服装を洋装に統一する動きがあったというのだ。「錦を瓦に包むの誹を招かないよう、今から心掛け、市吏員の服装の如きも、現在では和服、洋服、制服等雑然として統一されていないのを制服又は洋服に一定すべく、目下各課長間で考究中で…」とあり、重厚な洋風庁舎に和装は似合わない、と当時の市幹部は考えたのだろう。この試みが本当に行われたかどうかはわからなかったが、これまた役所らしい話だと思った。

 庁舎建て替えに伴い、先代庁舎が取り壊されたのは1985年のことで、5月20日の解体作業初日、建設当時に埋め込まれた定礎箱が取り出されている。定礎箱とは一種のタイムカプセルで、中には先代庁舎の定礎式が行われた1923年3月15日付の福岡日日新聞、九州日報の2紙などが収められていた。黄ばんではいたが、保存状態は良好だったそうで、両紙には、定礎式の予告をはじめ、レーニン危篤、曲淵ダム完成で福岡市に上水道がひかれることになったため、松原水(博多で飲料水として人気を集めていた井戸水)の販売が3月限りで終了する――などの記事が掲載されていたという。なお、レーニンはこの時は持ち直し、翌年の1月に死去している。

 現庁舎の定礎式が行われたのは1988年4月2日。この時にも行政資料の他、当日発行の日刊紙、スポーツ紙を収めた定礎箱が埋め込まれた。この日の記事はどんなものがあったのか調べたところ、国の暫定予算案が提出されるというニュースが日刊各紙のトップ記事だったようだ。減税を巡って与野党が対立したため予算案成立が遅れ、竹下内閣が暫定予算案を出さざるを得なかったという中身だ。先代庁舎の定礎式当日の新聞に比べれば、あまり面白味はない。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント