世界的な彫刻家だった「ブルドン」の作者

IMG_9071.jpg

 福岡市早良区の市総合図書館前に、黒御影石製の犬の彫刻が置かれている。「ブルドン」というタイトルから判断すれば、ブルドッグがモデルなのだろうが、愛嬌のある顔立ちはパグにも見える。恐らく若手の作品だろうと勝手に想像していたが、訃報で、作者が世界的な彫刻家だったことを知った。今年7月、95歳で亡くなった流政之さん。代表作は、ニューヨークの世界貿易センター前にあった重さ250㌧の巨大石彫「雲の砦」。この作品は米同時テロの際、救助活動の妨げになるとして撤去されたが、流さんの作品は国内外に多数残され、高く評価されているという。

 総合図書館のあるシーサイドももち地区には、このほかにも数々の野外彫刻やモニュメントがあり、野外美術館の趣だ。このブログでも過去に地行浜中央公園にそびえるニキ・ド・サンファルの
「大きな愛の鳥」、市博物館前に並ぶブールデルの大作「雄弁」「力」「勝利」「自由」について取り上げたことがあるが、この機会に、他の作品についても調べてみたところ、「ブルドン」以外にも大物作家の作品が少なくなかった。

IMG_9048.jpg

 いくつか紹介すると、樋井川をまたぎ、地行浜と百道浜を結ぶ歩行者専用橋の両岸にある2体は、イギリス人彫刻家バリー・フラナガンの「ミラー・ニジンスキー」(写真は地行浜側の作品)。ロシアの伝説的なバレエダンサーを野ウサギに見立てた躍動感のある作品だ。フラナガンの野ウサギをモチーフにした作品は、国内では非常に人気があるらしく、福岡市内でもほかに、市美術館前に「三日月と鐘の上を跳ぶ野ウサギ」があるほか、宇都宮や箱根など各地の美術館にも彼の作品が置かれている。

IMG_9036.jpg

 総合図書館近くにある高さ8㍍のステンレス製モニュメントは、菊竹清文さんの「ウォーターランド」。菊竹さんは久留米市出身で、長野五輪の聖火台をデザインしたことで知られる。建築家の菊竹清訓さんは兄、戦前、軍部と戦った抵抗のジャーナリスト菊竹六鼓は親族に当たる。菊竹さんの作品はこのほか、中央区天神のアクロス福岡前に「スターゲイト」、同・済生会総合病院に「希望の鳥」など、計5作品が福岡の街を彩っている。この記事を書くに当たって参考にした『ふくおかパブリックアートガイド改訂版』によると、福岡市内にある野外彫刻・モニュメントは、菊竹さんの作品が最も多かった。なお、「ウォーターランド」は噴水を兼ねているらしいが、最近では、この作品から水が噴き出ているのは見たことがない気がする。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

ブルドン

ブルドン、我が家のパグにそっくりなので驚きました。目元などどう見てもパグにしか見えません。作品が造られた時の状況が知りたいところです…。

Re: ブルドン

 コメントありがとうございました。
 やはりパグに似ていますよね。流さんの作品の中では小品のためか、残念ながら制作過程についての記録は探しきれませんでした。パグがモデルだろうとは思うのですが。

お手数をおかけしました

調べて下さったのですね。お忙しいところすみません。ありがとうございました。
小品だとやはり情報が少なくなってしまうので、逆に興味が湧いてきます。