全国行脚していた『ポルト・リガトの聖母』

IMG_9392.jpg

 改装工事のため2016年9月から2年以上も休館している福岡市美術館が来年3月21日、リニューアルオープンすることが決まった。絵画や彫刻などには一切興味も関心もない人間のため、この美術館にはもう10年以上もご無沙汰だが、同館が所蔵する東光院の仏像が今春、小郡市の九州歴史資料館で展示された際にはわざわざ見に行き、満足して帰ってきた(「東光院の仏像を見てきた」)。博物館、資料館と名の付いた施設には喜んで出かけるのだが、これが美術館になると、なぜか敬遠したくなる。そう言えば、首都圏に暮らしていた時も上野の国立博物館には何度も行ったが、隣の国立西洋美術館は全く無縁だった。

 東光院の仏像が九州歴史資料館で展示されたのは、福岡市美術館の改装中、仏像を資料館が預かっていたためだ。福岡市美術館の所蔵品は1万6000点にも上るが、その中心になっているのは、こういった歴史資料ではなく、サルバドール・ダリやジョアン・ミロ、アンディ・ウォーホルらの現代美術作品で、では、これらの作品群は休館中、どこにあったのだろうか。調べてみて驚いた。評価額6億円と言われるダリの大作『ポルト・リガトの聖母』(縦約275㌢×横約210㌢)をはじめとする現代美術コレクションは、全国の美術館から引っ張りだこで、「福岡市美術館所蔵品の中から、えりすぐりの作品を展示」と銘打った企画展さえ各地で開かれていたのだ。

 例えば、2016年には東京・国立新美術館、京都市美術館の2か所で、「ダリ展」が大々的に開かれたが、目玉作品の一つだったのが『ポルト・リガトの聖母』。昨年夏には、同じく改修工事のため休館中だった北九州市立美術館と福岡市美術館が所蔵する絵画を一堂に集めた「夢の美術館」なる展示会も宮崎県立美術館で開催されている。

 今年は横須賀、広島、さいたまなどの各市で「モダンアート再訪ーダリ、ウォーホルから草間彌生まで」という展示会が開かれたが、これこそが福岡市美術館所蔵品を紹介する企画展。横須賀美術館の開催予告には「福岡市美術館の1万6000に及ぶ所蔵品の中から、前衛的な試みで世界に衝撃を与えてきたモダンアートの作品67点をえりすぐり、20世紀美術の流れをたどります」とあった。ルーブル美術館展、大英博物館展など海外の名だたる美術館・博物館名を冠した展示会が国内ではよく開かれているが、まさか福岡市美術館でそんな企画が成り立つとは夢にも思わなかった。同館の現代美術コレクションは、想像以上に高い評価を得ているのだろう。

 福岡市美術館では来春のリニューアルオープンと同時に記念展が開かれるが、タイトルは「これがわたしたちのコレクション」。各地で人気を集めてきた所蔵品の数々を、美術館展示室のすべてを使って紹介しようという試みで、発表資料には「1979年の開館以来、最大規模のコレクション展示」と記されている。現代美術だけでなく、黒田家絡みの歴史資料なども展示されるようなので、10数年ぶりに美術館のぞいてみようかと思う。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント