血迷って買った10年以上前のFMV-BIBLO

IMG_9427.jpg

 ブログを更新したいのだが、出歩く気力、体力を失い、書くことが全くないので、くだらない身辺雑記を。先日、何を血迷ったか、10年以上も前の富士通ノートパソコンの中古品(FMV-BIBLO NF70W)をネット通販で衝動買いしてしまった。ここ数年、メインマシンで使ってきた同じく富士通製のLIFEBOOKを大ドジを踏んで破壊してしまい、予備機として用意していた中国メーカーの格安品でしのいでいたため、つい本体価格9,800円、送料も無料という安値に釣られてしまったのだ。

 注文から2日で商品が届いた。主な仕様は、CPUがCore 2 Duoの1.66GHz、メモリは2.5GB(2GBのはずだったが、なぜか512MBのメモリがおまけで挿してあった)、ハードディスクは80GB。OSはウインドウズ10にアップグレードされていたが、このスペックでは現役OSは荷が重く、インターネットの使い心地は、数年前から酷使し続けている「ネクサス7」にも劣る程だった。しかもディスプレイの輝度を最大限に設定しても妙に暗い。動作が鈍いのは予想していたが、画面が暗いのは少しショックだった。

 安さだけが取り柄なので、これに金をかけたのではバカらしいと思い、手持ちの部品で性能アップを図ることにした。取りあえずメモリは同一規格のものがあったので、このパソコンでは上限の4GBに増強、ハードディスクも320GBのものに換装した。CPUも2GHz強のCore 2 Duoが複数あったので、換装を考えたが、残念ながらどれも規格が違い、これは断念した。一方、液晶パネルは、以前使っていたパソコンと同一品だと判明したため、試しに付け替えてみたが、明るさは全く変わらなかった。使えないほどではないので、これは我慢することにした。

 結果的に有効だったのはメモリ増設ぐらいだとは思うが、動画サイトぐらいは何とか視聴できるようになった。だからといって、このパソコンで動画サイトを見ているわけではなく、予備機として棚に収まっている。

 そう言えば、20年近く前にも中古パソコンを2万円ほどで買い込み、何とか再生させたことがある。この時に買ったのはIBMのThinkPad560という機種で、発売当時は30万円もする高級機だったが、CPUが133MHZ、ハードディスクの容量が810MB、メモリが8MBというスペックはあっという間に時代遅れになっていた。しかも私が買った中古機はOSさえ入っていなかったため、中古メモリを探し出して増設し、ハードディスクを5GBのものに入れ替えたうえで、友人からもらったフロッピー版のウィンドウズ95を、20数枚のフロッピーを取っ換え引っ換えしてインストールした。

 「ジャンクパッド」と名付けた、このパソコンもほとんど使わないままに終わったが、ハードディスクを換装した経験はその後役に立った。今回、再び中古機の再生に取り組んで数多くの小さなネジを回し、自分の老眼が嫌になるほど進んだことを実感する悲しい結果となった。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント