難所ヶ滝

DSCF002.jpg

 古い写真を整理していたら、福岡県宇美町の三郡山中にある難所ヶ滝の写真が出てきた。10年近く前の1月、冬に凍結する滝がなんと福岡県内にあると聞き、寒波襲来を待って撮影してきたものだ。麓にある昭和の森公園から約1時間半。雪が残る山道を相当苦労して登ったが、その苦労に見合うほど見事な氷の芸術を目にすることができた。

 この滝が出現するのは冬の厳冬期だけだという。雪解け水が大きなツララとなって岩肌に垂れ下がり、滝のような姿になったもので、普段はこの場所に水が流れ落ちているわけではないと聞いた。てっきり本当に滝が凍ったものだと思っていたが、地元の人によると、同じように勘違いしている人は結構多いらしい。

 滝がある三郡山は、宝満山(標高829m)から若杉山(681m)に至る三郡縦走ルートの中心にあり、地元の登山愛好家に親しまれている。私自身は難所ヶ滝にスニーカーで登ったほどの人間(危険なので、ちゃんと登山靴を履こう)で、当然ながら山登りの趣味などまったくないのだが、ウン十年前の浪人時代、山好きの浪人仲間数人に誘われ、一度だけ三郡縦走に挑戦したことがある。

 浪人の分際で山登りを楽しもうというのがそもそも間違いだが、リックサックには頂上で一気にやろうと缶ビールまでしのばせていた。ルートは若杉山から宝満山に至る方を選んだ。宝満山は険しい石段が続いており、頂上に登るだけでも相当しんどい。一方、霊場巡りの札所がある若杉山は、高齢の参拝客でも登れるように緩やかな登山道が整備されており、若杉出発の方が比較的楽と言われていたからだ。ただし、縦走ルート全体としてきついアップダウンが続くことに変わりない。

 ところが、そんなこともろくに知らなかったので、若杉山の頂上に着いた途端「楽勝じゃん」とビールを開けてしまった。コース全体から言えば、スタート地点も同然だったのに。残りの行程が地獄だったのは言うまでもない。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]