弁当代わりに遠足に持って行ったハンバーガー

DSCF4162.jpg

 数年前、40数年ぶりに福岡市博多区竹下の街を歩いた際、ここに暮らしていた時代に時折通っていたパン屋を探してみたことがある。街並みは全体としては意外なほど変わっていなかったのだが、残念ながらパン屋があった付近は様変わりし、懐かしの店に再会とはいかなかった。店名までは覚えていなかったので、この時に古い住宅地図をめくって確かめたのだが、地域名をストレートに冠した「竹下パン」だった。この街には現在も似た名前のパン工場があるが、関係があるのかはわからない。

 私が竹下で暮らしていたのは1969~70年頃のことで、住んでいたのは5階建てのアパート5棟が並ぶ雇用促進住宅だった。狭い道を挟んだ向かい側には小さなショッピングセンターがあり、名前は「アイ」としゃれていたが、実態は八百屋や肉屋、玩具屋、駄菓子屋などの個人商店が並んだマーケット。夕方になると、夕飯の買い物に来た主婦や小銭を握りしめた子供たちでにぎわっていた。ここの裏口を抜けると駅前通り(今はなんと「竹下通り」と呼ぶらしい)に通じる細い路地があり、通りに面した場所にあったのがパン屋だ。

 確か夫婦で経営していた庶民的な雰囲気の店で、パンや洋菓子などの商品はショーケースの中に並んでいた。あまり豊かでもない父子家庭の子供にとって、普段は縁遠い場所だったが、遠足の前日に買い物に行くことが時折あった。親に金を渡され、弁当代わりに昼に食べる調理パンを買いに行っていたのだ。

 朝から弁当を用意したくはないが、かといって菓子パンを持たせるのは気が引ける。出た結論が調理パンだったのだろう、と当時の親の気持ちを想像しているが、私の方はやはり複雑だった。みんなが手の込んだ弁当を開く時に、菓子パンだろうが調理パンだろうがパンをかじるのはあまり気持ちの良いものではない。しかし、矛盾する話だが、一方で楽しみな気持ちもあった。この調理パンが実にうまかったのだ。(コンビニや持ち帰り弁当店などは存在せず、スーパーでもおにぎりなどが市販されていなかった時代の話なので、念のため)

 どんな調理パンだったのかと言えば、簡単に説明できる。ハンバーガーだ。つまり小学生の一時期、ハンバーガーを持って遠足に行っていたわけで、表面的な事実だけを見れば、昭和時代としては結構モダンな話になる。レタスやトマトなどが入った彩り豊かな現在のハンバーガーとは違い、肉とタマネギを挟んでソースで味付けした非常にシンプルな品だったと記憶しているが、米国アニメで登場人物がうまそうに頬張っていた、あのハンバーガーを現実に口にできるのはうれしかった。ものすごく意外なことだったが、弁当を持たない私をうらやましげに見る級友さえいたほどだ。

 ハンバーガーを日本でも大衆的なものにした日本マクドナルドの第1号店開店は1971年で、九州で店があちこちに出来始めるのはさらに後年のことだ。だから、この思い出話を披露すると、多くの人が半信半疑といった表情を見せ、家族でさえ「本当にハンバーガーがまちのパン屋で売られていたの?」と懐疑的だ。しかし、後に移り住んだ現在の生活圏では、チェーン店進出以前から個人経営のハンバーガーショップが普通にあり、すでにハンバーガーは市民権を得ていた。ひょっとしたら、まちのパン屋のハンバーガーは「調理パン」の一種として記憶のがらくた箱の中にしまい込んでしまい、マクドナルドやロッテリアで初めてハンバーガーを食べたと自分で記憶を改ざんしてしまった人もいるのではないかと疑っている。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント