VAIOのリフロー修理に挑戦

IMG_9834.jpg

 起動しなかったVAIO VPCEE25FJの修理に挑戦した。私が電化製品をいじると、壊れていないものは壊し、壊れているものは完膚なきまでに破壊してしまうのが常で、電化製品に不具合が起きた際は、家族から「お願いだから、触らないで」とくぎを刺されてきた。今回は元々壊れたジャンク品なので、家族は見て見ぬふりだったが、修理のために料理用アルミホイルを大量に使ったことには不満そうだった。なお、修理の結果を最初に報告しておくと、完全に失敗で、状況は全く好転しなかった。

 このVAIOについては以前紹介したことがあるが、久留米市善導寺のハードオフで買ったものだ。価格は1,080円。同じハードオフでも時間軸が違う世界にある某市の店舗とは違い、ここのジャンク品は少なくとも21世紀に販売されたものが並んでいる。それはともかく、通電はするが、起動しない状態で、インターネットで調べた限りでは、グラフィックチップの半田付けに不具合が起きたことが原因と疑われた。チップを熱風であぶったり、オーブンで焼いたりして半田を再固着する「リフロー」なる修理法があるらしかったが、私にはハードルが高すぎるように思え、修理をあきらめ放置していた。

 しかし、いじるのが目的で買ったジャンク品なのだから、放置したままでは粗大ゴミを買ったも同然。少しは金をかけても修理に挑戦することにし、ヒートガンをネットで注文した。ヒートガンとは数百度の熱風が出るドライヤーに似た形状の工作道具で、これでグラフィックチップの半田をあぶってみようという目論見だ。ただし、日常生活の中で、他に使い道があるような道具でもないので、ネット通販では最安値の1,000円あまりの格安品を買った。他に使い道があったにしても、金がないので、やはり格安品を買ったとは思うが、多分これが失敗だった。

 写真が、ネット情報を参考に、リフローに挑戦した時の模様で、グラフィックチップの周囲を覆っているのが問題の料理用アルミホイル。家族によると、このアルミホイルは食材がくっつかない優れもので、普通のアルミホイルよりも値段が高いらしい。アルミホイルで覆ったのは、ヒートガンの熱風がチップ以外に悪影響を与えないためだったが、ヒートガンのスイッチを入れてしばらく後、異変に気づいた。仕様によると、200度以上の熱風をチップに浴びせているはずなのに、至近距離にいてもいっこうに熱さを感じないのである。

 ヒートガンをやや離して自分の手に熱風を当てて確かめてみたところ、熱いのは確かに熱いが、これで半田が溶けるかと言えば、微妙にも思えた。数分後、VAIOを仮組みして電源ボタンを押してみたのだが、残念ながら起動せず、さらに数分間、熱風を浴びせてみても状況に変化はなかった。考えてみれば、ネット情報を鵜呑みにしてグラフィックチップの半田不良が原因と考えているが、別の原因で起動しない可能性もあり、その場合は完全にお手上げだ。VAIO復旧は再度あきらめ、部品取りに活用することにした。このVAIO、VAIOらしからぬことに、非常に分解がしやすく、ハードディスク、メモリーだけでなく、CPU(AthlonⅡ、2.1GHz)さえ簡単に取り出すことができた。AthlonⅡが再利用できるとは思えないが。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント