iPhone6のバッテリーを自力で交換

IMG_9907.jpg

IMG_9909.jpg


 2014年秋から使い続けているiPhone6のバッテリーが数日前から膨らみだし、液晶パネルが次第に浮き上がってきた。バッテリーは昨秋に交換したばかりだったのだが、ここ最近、何度かスマホを床に落とし、衝撃を与えたのがまずかったのだろう。膨らんだからといって破裂するなどの恐れはないらしいが、放置していて良いわけでもない。いよいよ買い替え時かとも思ったが、もう一度バッテリーを交換した方が安上がりだと考え直し、今度は自力でやってみることにした。

 自力での交換に挑戦したのは、非常に単純な理由で、ショップに頼むよりもはるかに安かったからだ。ネットで見つけたiPhone6のバッテリー交換キットは、替えのバッテリーに専用の工具が付いて1,380円という破格の安さで、送料も無料。もちろん純正品であるはずがなく、中国製の互換商品だが、この値段だったら試して損はなく、いよいよダメになったら本体を買い替えれば良いと思い切った。

 注文から2、3日でキットが届いた。iPhoneの構造など全く知らなかったが、バッテリー交換の方法を伝授する
サイト動画を参考に作業したところ、割とスムーズに交換を終えることができた。所要時間は30分程度だったろうか。ただ、ネジは芥子粒のようなサイズで、くしゃみでもしたら簡単に行方不明になりそうだったので、この取り扱いには細心の注意を払い、取り外したネジは強力磁石に貼り付けておいた。

 私がiPhone6を使い続けている5年の間、家族たちは次々にスマホを買い替え、彼女らのスマホはその度に巨大化していった。私が買い替えないのは金がもったいないのが第一の理由だが、ズボンのポケットに入るサイズを気に入っているためもある。また、私にとっての私用スマホは、コミュニケーションのための道具や情報端末というよりも、カメラや万歩計の代用品的な存在で、現在の性能で何ら不都合がないことも機種変更をためらわせていた。

 写真は上から、膨れ上がったバッテリー、交換後のバッテリー、復活したiPhone6。今回のバッテリー交換がうまくいったことで、本体が壊れるまで使い続けるつもりだ。
関連記事
スポンサーサイト



[Edit]

コメント

非公開コメント