旧聞since2009

宮崎に帰省した

 地鶏「ぐんけい」、「おくのうどん」、磯料理「鬼扇」、懐石料理「あじ咲く」、「一平」の元祖レタス巻き、「わらべ」のチーズ饅頭……。妻の実家・宮崎市に3月上旬、帰省した。宮崎滞在は3日間だけだったが、「ぐんけい」を始め、紹介した食べ物を食べた。「おぐら」のチキン南蛮は行かなかった。夕食にはひんぱんにチキン南蛮を食べており、もういいかなと思った次第だ。 帰省初日、千葉県印西市には雪が降っていた。飛ぶかな...

続きを読む

4年ぶりのTwitter

 4年ぶりにTwitterをした。2020年8月15日を最後に更新を止めていたが、これには訳があった。8月末、脳梗塞を患い入院、6か月後に退院した。しばらくたってパソコンの前に座ると、パスワードがきれいさっぱりと失われていた。ヤフーもグーグルもTwitterもアマゾンも、あげくのはてはスマホのパスワードさえも、どうしても思い出せない。 家族がスマホを買い直した。2014年秋から使い続けているアイフォン6は惜しいが、やむを...

続きを読む

再発した脳梗塞

 2024年1月6日朝、脳梗塞が再発した。 妻が朝食が出来たと言うので、何等かの返事をし、ろれつが回っていないと言い出した。大学病院でMRT、血液検査などの診断を受け、脳梗塞の再発が分かった。ただし、主治医が脳内の損傷は小さいといい、「入院は1週間。あとは自宅に帰るか、リハビリ専門病院」と言っていた。2020年8月の脳梗塞では救急車で運ばれた病院で2か月、リハビリ専門病院では4か月かかり、勤務した会社も退職...

続きを読む

成田の航空科学博物館

 千葉県芝山町岩山の航空科学博物館に出かけてきた。成田空港南端から約400メートルの隣接地にある。地元芝山町が国に成田空港関連要望として博物館を要望し、1989年に開館した。航空科学振興財団が運営している。来たかったところだ。家族は「古びている」と不満そうだったが、国内最初の航空博物館として展示物を満喫した。 1、2階が展示室、3階が展望台、4階がレストラン、5階が展望塔。ボーイング747-400大型模型を目...

続きを読む

45年ぶりに行った松本市、12年ぶりの横浜市

 長野県松本市に10月、行った。妻が「牛乳パンが食べたい」と迫られ、次男の車で向かった。交通渋滞はひどいものだった。目当ての店にたどり着くまで、恐らく10分程度だったが、ほぼ1時間がかり。松本市の目的は①牛乳パン②お土産③松本城だったが、第三希望をパスした。牛乳パンは、バタークリームをホイップしてパンで挟んだもの。パンはうまかった。 同市は、45年ぶりの訪問だった。受験生の頃(私は現在63歳)で、松本駅をバ...

続きを読む

続・キジを初めて見た

 暴風(雨)だった5、6、7日の3日間に比べ、8日はいくぶん風が治まった。家族が鯉のぼりを洗って干したところ、「ケーンケーン」という鳴き声が聞こえた。キジだ。窓に駆け寄ってみると、思いのほか近くにいた。 キジが羽ばたいところ、「ケーンケーン」という鳴き声を聞いた。 ニコンのデジタル1眼レフカメラ(D3200)、キャノンのデジカメを用意した。ニコンのデジ1がピンボケ写真だったが、キャノンの方がマシだった...

続きを読む

宗甫の皇太神社

 印西市宗甫(そうほ)に、小ぢんまりとした皇太神社がある。千葉ニュータウン(住宅地)の外れにあり、近くには竹林、隣は保育園、道を挟んだ向かい側に牧の原公園がある。  敷地は約300坪。鳥居は真新しい。『宗甫皇太神宮記念碑 鳥居建立寄進者御芳名』として14人の名前が記されており、平成二十八年(2016年)建立したとあった。社の左手には庚申塔など10基が並んでいた。 宗甫は江戸時代、「惣深の陣屋に伺候していた漢...

続きを読む

キジを初めて見た

 印西市で時折、キジを見かけた。郷土玩具「きじ車」(福岡、熊本など)を見たことあるのに、キジは初めて見た。しばしば畑に来る。 オスは体長80センチ、ニワトリ大と聞いたことある。「ケーンケーン」という鳴き声は聞いたことがない。メスがいないためだろうか。日本の国鳥だが、狩猟が許される鳥。 休憩していたキジをカメラに収めた。15メートルぐらいはあったろうか。数枚ぐらいは撮ったが、ピンボケ写真は同じだった。後...

続きを読む

早春の印旛沼公園

 3月31日、印西市師戸(もろと)の県立印旛沼公園に行ってきた。印旛沼に面してある。230本あるソメイヨシノやヤエザクラがあるが、ソメイヨシノは散り初め。予想外に早いと感じた。  歩き回っていたら「師戸城跡模式図」があった。読んでみると、印旛沼の対岸にある臼井城の支城のひとつで、14世紀に築かれたとみられる。現存する形になったのは16世紀の中頃と推定されるという。1590年(天正18年)、豊臣氏による下総攻略で、...

続きを読む

1973年に建てられた開拓記念之碑

 草深稲荷神社(印西市草深)から西へ5分程のところに原青年館があり、『開発記念之碑』がある。千葉ニュータウンの造成に伴うもので、船穂開拓農業協同組合によって1973年2月に建てられた。1945年、印旛飛行場跡地の開拓から28年。船穂開拓農協の組合員約90人にはどのような思いでいただろうか。  1945年11月、緊急開拓事業実施要領に閣議決定され、時を同じくして印旛飛行場跡地に開拓の槌音が響いた。終戦直後の食糧難の時...

続きを読む

もう一度行った大師堂

 もう一度、丸山観音堂(印西市草深)へ行った。図書館で調べていると、丸山観音堂の横に大師堂があり、89体の大師像が奉っているらしい。「あれが大師堂だったか」。歩いてそこに向かった。 石段を上がってみると、大師堂はあった。カギがかかっている。のぞいてみると、大師像は整然と並んでいた。3段あり、約15センチはあっただろうか。大師堂の中は薄暗いままだったが、スマホのレンズはすぐれものだった。 1860年代、備後...

続きを読む

丸山観音堂と草深稲荷神社

 印西市を歩き回っている。旧・草深小(そうふけふれあいの里)に隣接したところに丸山観音堂(1枚目)がある。1778年(安永7年)、香取信賢によって創建された。この観音堂には1803年(享和3年)、俳句52句が納められた「雑俳額」が奉納されている。境内では、香取利彰が1823年(文政6年)に建てた「草深野鹿の碑」(2枚目の左端)があり、利彰の師、富小路貞直の短歌「草ふかき……」などが刻まれている。 実は、千葉県公式...

続きを読む

野菊の墓文学碑

 中学生の頃、『野菊の墓』(伊藤左千夫)を読んだことある。政夫と民子のはかない恋、民子の悲劇的な結末……。同世代の若者が深く思いあっていると知り、感動した。この時、私小説を知った。思いのほか近くに野菊の墓文学碑があると聞き、出かけた。 松戸市下矢切、西蓮寺裏の境内にあり、「僕の家といふは、矢切の渡しを東へと渡り、小高い岡でやはり矢切村と云っている所」という書き出しで始まる。碑には「昭和三十九年十月」...

続きを読む

2014年に消えた草深原

 印西市に民話がある。その一つに「草深原(そうふけっぱら)の狐」があり、菓子屋が狐に化かされる話で、印西牧の原駅の南北両口に掲示してある。昔のことと勘違いしていたが、草深原をネットで見つけた。ジョイフル本田(複合スーパー)の北側のあたりで、UR千葉ニュータウン(県有地)が2014年建設、業者が住宅地を建設した。つまり草深原は9年前に消えたのだ。 学術的な貴重な自然環境であったようだ。毎日新聞によると、「...

続きを読む

北総鉄道の沿線にあった市川歴史・考古博物館

 市川市堀之内の市川歴史・考古博物館に行ってきた。ネットで北総鉄道の観光案内を見ていたら、北国分にある。北国分からは歩いて数分かからない距離と聞いて、それでは行ってみようとなった。 歩いて10分のところに歴史博物館にはあった。設立趣旨に「首都東京に隣接する地域として近年急激な都市化が進み、昔の人々の生活を理解していくために必要な多くの資料が消失しつつあります」とあった。30年近く前、市川に住んでいたこ...

続きを読む

印旛飛行場の『平和の碑』

 昨年12月、千葉県印西市に印旛飛行場の無蓋掩体壕を紹介したが、そこから10分(自分の足では20分)の西の原公園に飛行場の記念碑『平和の碑』がある。併設されている『印旛地方航空機乗員養成所 陸軍飛行第23連隊 印旛飛行場』によると、1942年、印旛地方航空機乗員養成所を設置、1944年、戦局の悪化により陸軍飛行第23連隊を配置し、首都や硫黄島、北九州の防衛、一部は特攻隊として出撃したと言われている。 滑走路は2,000...

続きを読む

行基が建てた?松虫寺

 千葉県印西市松虫の松虫寺に行って来た。松虫寺は745年(天平17年)創建。日本の僧、行基が立てたと言われる。 松虫寺の謂れは、聖武天皇の皇女松虫姫が不治の病にかかり、東国に行って祈れば、願いは叶うと言い伝えによる。行基はお付きとして従い、寺を建立した。聖武天皇は松虫寺と名付けさせたという。 「不治の病」が何なのか。『印旛郡誌』によると、「癩を病みてここに棄てらる。自らかなしみ此薬師仏を祈りて癒事を得...

続きを読む