旧聞since2009

糸島の支石墓群を歩く

DSCF3801a.jpg

DSCF3805a.jpg

 先日、糸島市にある国史跡・志登支石墓群を見学してきた。JR波多江駅から徒歩で行ったのだが、生来の方向音痴のため見事に道を間違え、30~40分ぐらい要した。実際は15分ぐらいの距離だろう。この日はもう1か所、同じ市内の新町支石墓群も巡る予定だったのだが、汗びっしょりになったので後日に回した。本当は新町の方が本命だったのだが…。

 支石墓とは、遺体を埋葬した上に石を卓状に組み上げた弥生時代の墓だ(構造は下の写真参照、志摩歴史資料館で撮影)。朝鮮半島から伝わった墓制だというが、糸島地方やお隣の唐津など九州北西部のごく限られた地域にしか広まらなかった。大きな石を切り出したり、運んだりと相当な労力が必要だからだろうか。この志登支石墓群でも、写真に見える円錐形の山、可也山から石を運んできたとされている。直線距離にして4㌔だが、墓が造られた二千数百年前には志登地区と可也山との間には海が入り込んでいたとの説もあり、船で運んだのではという見方もある。長方形の大石は優に1㌧を超えるというだけに、陸路にしろ海路にしろ大事業であったことだろう。

 現地にあった説明板によると、志登支石墓群は1953年に発掘調査が行われ、計10基の支石墓が確認されている。副葬品としては、一つの墓から6個の打製石鏃が、また別の墓からは4個の磨製石鏃が出土したという。戦乱の時代とされる弥生時代のことなので、副葬品ではなく、鏃が刺さったまま埋葬された可能性もあるのではないかとも一瞬思ったが、それにしては鏃の数が多すぎると考え直した。説明板には、磨製の石鏃は半島から多数出土し、支石墓とは密接な関係にあると書かれていた。

 この遺跡からは人骨は見つかっていないが、新町からは14体が出土している。半島系の墓なのに、埋葬されていたのは低顔・低身長の縄文系の特徴を持った人たちで、考古学上の大きな謎の一つになっているという。西南学院大の高倉洋彰教授は「縄文人が稲作を学ぶために半島に渡り、墓制も持ち帰ってきた」という趣旨の説を唱えていると何かで読んだが、古代から半島と九州との間に密接な交流があったのならば、半島から九州へという一方通行だけではなく、九州から半島へというルートがあったのも間違いないだろう。

 志登支石墓群については、地元では長く「近付けば、たたりがある」と怖れられていたと聞いた。巨石が点在する異様な景観は、理解しがたく、忌避すべきものに見えたのだろう。


IMG_8189.jpg
関連記事