旧聞since2009

天神コアと天神ビブレとの間の段差

IMG_8498zx.jpg

IMG_8483zx.jpg

IMG_8493zx.jpg

 福岡では有名な話だが、福岡市・天神に隣接して並ぶ二つの商業ビル、天神コアと天神ビブレとを結ぶ連絡通路に階段3段分の段差がある。両ビルの前身の商店街時代からこの段差はあり、どういう理由か、段差を残したまま二つのビルは建てられたことになる。では、この段差はなぜ、生じたのだろうか。調べたところ、この辺りには明治時代後半まで「因幡町山」とも呼ばれた小さな丘があり、1911年(明治44)に開通した博多電気軌道(路面電車)敷設工事の際、大部分が削り取られたことがわかった。地形の詳細な変化まではつかめなかったが、「因幡町山」のわずかな名残が問題の段差らしい。

 天神コアは1976年6月、天神ビブレは同年11月の開業で、いずれも老朽化し、火災が懸念されていた商店街の再開発で建てられたビルだ。コアの敷地にあったのが西鉄商店街(西鉄街)、ビブレ側にあったのが因幡町商店街。「お客はどこまでが西鉄街で、どこからが因幡町商店街か、よく分からないまま買い物をする」(『福岡天神都心界五十年の歩み』1999)ほど一体の関係だったらしいが、その境目には緩やかな坂があったという。

 一方、博多電気軌道が1911年に開業したのは博多駅前~天神~取引所前(後の市民会館前)。後の西鉄市内線の循環線の一部で、現在の渡辺通りなどを走っていた。この敷設工事で生まれた段差のある土地を、所有する福岡市は後々公園として整備する考えだったとされる。しかし、戦後、焼け野原となった天神の復興が進む中で、問題の土地は段差を境に東側は「戦災復興会」、西側は西鉄不動産の前身の昌栄土地に払い下げられ、それぞれ独自に商店街が形成された。段差はそのままだったため、両商店街間の通路はスロープ状にならざるを得なかったのだ。

 現在のコア、ビブレも連絡通路で結ばれているとは言え、コアは西鉄、ビブレは再開発組合が独自に建てたもので、運営も別々だ。段差が残ったのは別に歴史を重んじたわけではなく、ただ単に解消することに考えが及ばなかっただけかもしれない。連絡通路にしても、設置の際には両者の間に意見の相違があったようで(『因幡町商店街35年史』1984)、段差は、密接な間柄でありながらも、一心同体にはなり得ないコアとビブレの関係を象徴するものとも思える。

 コアについては先頃、2020年3月に閉店予定ということが報道され、福岡では大きな反響を呼んだ。福岡市は現在、容積率を緩和することで民間にビル建て替えを促す「天神ビッグバン」を進めており、西鉄はこれに応え、コアと隣接する自社ビルの福岡ビルとを一体で再開発する方針だと報じられている。ビブレ側の再開発参加も望んでいるという。テナントの意向もあり再開発の先行きはまだ、不透明なところがあるが、仮に西鉄の構想通りに進んだ場合、段差は、三度目の正直で今度こそ解消されることになるのだろうか。

 【訂正】因幡町山に関係する路面電車名を福博電気軌道としていましたが、正しくは博多電気軌道でした。下線部を修正しました。
関連記事
コメント : 2

コメント

天神コアと天神ビブレとの間の段差

 三段の階段の写真懐かしく拝見しました。
階段の写真はビブレ側からコア側に向かって撮ったものだと推理しましたが?
 私の記憶では元々両ビルは別々のビルとしてコアの西側=ビブレの東側は事業者が別々の地中璧を2重に設ける計画でした。 当時のコアを請け負っていた建設会社が地下で人の流れが遮断され、かつ地中璧の工事費も2重にかかるのはあまりにももったいなく、地中璧の一体化を提案をし両社が歩み寄った結果の名残が3段の階段なのです。
 コアが渡辺通り側を、ビブレがMMTビル側をメイン・エントランス=1Fの床高とした為、両ビルの境を階段で繋がざるを得なかったようでう。。
 今、コアビルの地下2階をビブレ経由MMTビルまで歩くと東に向かって下り勾配が実感できると思います。 
 また福ビルとコアビルも同じく地下二階で繋がっているのも当時の名残ですね。
 今度こそ福ビル、コアそれからビブレが床高も一体化したビルに生まれ変わればと思っています。
 

Re: 天神コアと天神ビブレとの間の段差

コメントありがとうございます。
ご明察の通り、3枚目の写真はビブレ側から撮影したものです。
地中壁についての情報が恐らく、『因幡町商店街35年史』にあった連絡通路設置への異論に関わる話でしょう。
貴重なお話、ありがとうございました。