旧聞since2009

名島橋と名島川橋梁、長大アーチの競演

DSC_0015.jpg

DSC_0028.jpg

 福岡市東区の多々良川河口に架かる名島橋の写真を撮影してきた。九州の大動脈、国道3号線の橋でもあり、車で渡ったことは数限りなくあるが、徒歩で渡ったのは多分初めてではないかと思う。1933年(昭和8年)に完成した7連アーチの鉄筋コンクリート橋で、一昨年には国の登録文化財にもなっている。長さ約204㍍、幅は約24㍍。車道は片側3車線で、両側には広い歩道もある。昭和初期に完成した橋としては破格のサイズだ。この橋が還暦を迎えた1993年頃には、車社会の到来以前に巨大橋が架けられた理由は謎だと、テレビや新聞で盛んに取り上げられていた。

 当時、謎の解答として挙がっていたのは<1>戦車も通行可能な軍用道路として計画された<2>将来、路面電車が通れるように広くした<3>非常用滑走路の機能を持たせた――といったところだが、登録文化財となった際、もっと明快な見解が近代遺産の研究者から示された。「大正8年の道路法公布以降、自動車交通に対応した幹線道路の整備が全国規模で進む中、名島橋は、東京と鹿児島を結ぶ国道2号(※当時)の施設として建設された」(東京文化財研究所、北河大次郎氏の所見。福岡市の発表資料から)。将来のモータリゼーションの時代を見越した全国的な道路整備の一環として名島橋は架けられたというわけだ。

 昭和初期に完成した巨大橋は名島橋以外にも、新潟市の萬代橋(1929年完成、長さ306㍍、幅22㍍)、大阪市の桜宮橋(1930年完成、長さ108㍍、幅22㍍)が現存している。この2橋以外は調べがつかなかったが、ほかにも全国の地方都市で、国策として同様の橋が建設、または計画されたのではないだろうか。謎解きの答えとしては全く面白みはないが、当時の官僚に先見の明があったということだろう。ちなみに萬代橋は、名島橋と姉妹橋の関係を結んでいる。

 名島橋の謎を最初に取り上げたのは、橋を管理している福岡国道事務所で、先の3説も実は同事務所が提示したものだったと記憶している。名島橋のサイズが破格だった理由を、同事務所が知らなかったはずがなく、恐らくは還暦を迎えた橋の話題づくりとして、謎解きを仕掛けたのではないかと思う。これに地元マスコミがまんまと乗せられ、おかげで多くの市民が名島橋に関心を持つようになった。PR戦略としては狙い以上の成果を収めたのではないだろうか。

 この名島橋と並行して、多々良川のすぐ上流部には3本の鉄道橋が架かっている。名島橋のすぐ横にあるのがJR貨物の博多臨港線の鉄橋、次が西鉄貝塚線の名島川橋梁(名島川は多々良川の別名)、一番上流側がJR鹿児島線の橋梁。このうち名島川橋梁も鉄筋コンクリート製のアーチ橋で、名島橋よりも10年早い1923年(大正12年)の完成だ。福岡市内に現存するコンクリート橋の中では、最も古い。

 名島川橋梁は長さ約212㍍、幅12㍍。橋を建設したのは、西鉄の前身会社の一つの博多湾鉄道汽船(湾鉄)で、橋完成翌年の1924年に新博多(現在の博多区・千鳥橋付近)~和白間(10.8㌔)を開業している。橋の設計者は、コンクリート建築の権威だった阿部美樹志。初めて聞く名前だったが、調べてみると、戦後、戦災復興事業を担った復興院総裁も務めた土木建築界の大立者だった。この機会に初めて名島川橋梁をじっくり見てきたが、なるほど歴史を感じさせる重厚な外観だった。湾鉄の貴重な遺産と言えるだろう。名島橋と名島川橋梁、臨港線の鉄橋を挟み、2本の長大なアーチ橋が並んでいるのは、なかなか希少な景観で、福岡市は誇るべき近代遺産としてもっと売り出しても良いと思う。
関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント