旧聞since2009

成田の航空科学博物館

IMG_1431.jpg
IMG_1435.jpg
 千葉県芝山町岩山の航空科学博物館に出かけてきた。成田空港南端から約400メートルの隣接地にある。地元芝山町が国に成田空港関連要望として博物館を要望し、1989年に開館した。航空科学振興財団が運営している。来たかったところだ。家族は「古びている」と不満そうだったが、国内最初の航空博物館として展示物を満喫した。

 1、2階が展示室、3階が展望台、4階がレストラン、5階が展望塔。ボーイング747-400大型模型を目を見張った。2階が順路だったので、右足を引きづりつつ上がったが、エレベーターがあった。屋外展示場は、戦後初の国産旅客機YSー11型試作1号機のほか、セスナ、ヘリコプターなど約20機ある。2019年8月、開館30年と累計入館者数600万人を達成した。

 新型コロナウイルスの影響で臨時休館し、このままでは閉館危機に陥り兼ねないとして2020年5月13日、クラウドファインディングで資金調達を始めた。目標額1000万円になのに対し、2526人、2000万円あまりが集まったという。

 駐車場の脇に2011年6月に開館した「空と大地の歴史館」があるが、これを見忘れた。成田闘争(三里塚闘争)の実態を伝える。また来よう。


関連記事
コメント : 0
トラックバック : 0

コメント